譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

医学部-コラム

医学部一年生だったころの自動車学校・運転免許の思い出

医学生の自動車免許について 自動車免許を持っている大学生は多いです。免許がないと死ぬわけではありませんが、一応あると便利です。車を運転しない人でも身分証明に使えますからね。 医学部に通っている人は一年生の間に必ず取得しておきましょう。他の学…

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラは医学部を卒業したらしい

チェ・ゲバラという人物をご存知でしょうか。彼のことをWikipediaで調べてみたので、紹介します。 知らない人のために簡単に説明すると彼はアルゼンチン生まれの革命家で、キューバ革命の立役者としても有名です。 キューバ革命とは何か? 出典 dp36109143.l…

実験用マウスへ上手に注射を行う方法・コツを写真で解説

はじめに マウスを用いた実験の過程で、リン酸緩衝生理食塩水や麻酔を注射することがありますよね。その際には左手でマウスを固定し、右手で注射器を扱います。 注射の種類は皮下注射、筋中注射、腹腔内注射などさまざまです。しかし今回紹介する方法・コツ…

岩倉具視は日本で一番最初に癌告知を受けた人物らしい

食道がんについて勉強していたところ、新しく発見したことがあったのでここにメモしておきます。 岩倉具視について *1 岩倉具視をご存じでしょうか。彼は江戸から明治にかけて活躍した日本の政治家です。日本史以外ではほとんど耳にすることのない岩倉具視で…

漫画「ブラックジャックによろちんこ」が医療に与えた影響について

ブラックジャックによろちんこ騒動 タイトルを変えました。「ブラックジャックによろちんこ 第1巻 [電子書籍版] 」佐藤秀峰 https://t.co/4sH1nz4QxP— 佐藤秀峰 (@shuho_sato) 2017年7月28日 「ブラックジャックによろしく」の作者である佐藤秀峰氏とAmazon…

ストックホルム症候群(Stockholm syndrome)とは何か。

譲治は音楽を聴くことが大好きです。先日、このような曲を聴きました。 Stockholm Syndrome ミューズ オルタナティブ ¥250 provided courtesy of iTunes イギリスのロックバンドMUSEのシングル「Stockholm syndrome」です。聞けば分かる通り良い曲ですが、曲…

実験用マウスをなかなか捕まえられない人へのアドバイス

医学部の授業では動物を用いた実験を行うことが少なくありません。用いる機会が特に多いのはマウス(ネズミ)だと思います。 マウスはいくら小さな動物とはいえ、慣れていないと扱うのは非常に難しいです。というわけで今回は自分が実習を通して得た技術を、皆…

医学部6年間のカリキュラムの流れを簡単にまとめました。

今回は医学部6年間のカリキュラムについて書きます。 医学部のカリキュラムについて 医師を志す者が集まる医学部医学科では6年間に渡って授業が行われます。当然のことながら各学年によって学ぶ内容は異なります。6年間の学習を終えて初めて医師国家試験を…

解剖実習の感想(期間、試験形式、班の決め方について)

情報の取り扱い 解剖実習の期間、試験 解剖班の人数、男女比 解剖班決定のルール 女子を必ず一名は入れること カップルを同じ班にしないこと 同じ部活の子で被らないこと 嫌いな人同士を同じ班にしないこと ちょうど一年前の2016年夏に、自分は解剖実習を経…

本当は怖い医学部の留年(過ごし方・奨学金・学費・退学)について

進級試験とは? なぜ医学部の進級試験は厳しいのか 内容が難しい、広い 1つでも落とすとアウト 留年について 起こりうる問題点 経済的な問題 環境の問題 キャリアの問題 社会的な問題 精神的な問題 最後に ※留年が良い、悪いではなく客観的に書いています。…

医学部の留年が急増しているという記事を読んだ感想。

東洋経済ONLINEにこんな記事が上がっていました。 高偏差値「医学生」の留年が急増している理由 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 タイトル通り、医学生の留年が急増していることについて書かれています。医学部の内情がこん…

このブログについて

2017.8.23更新 譲治のプロフィール 2015年に医学部に入学しました。どこにでもいる平凡な20代男性です。 文章を書くことは苦手だし、地頭もよくありません。今まで受けてきた試験は全て一夜漬け、もしくは過去問丸暗記と語呂合わせで乗り切りました。 育った…