譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

医学部-解剖学

大腿三角(スカルパ三角)の構成要素の覚え方・語呂合わせ

大腿三角(スカルパ三角)について http://rihakyoku.com/scarpa-triangle/より引用 大腿三角(スカルパ三角)とは縫工筋,鼠経靭帯,長内転筋で囲まれた三角形の領域のことである。この三角形の中央に大腿骨頭があることが多く、股関節の診察の際に目印として利用…

変形性関節症のX線所見の特徴の語呂合わせ

変形性関節症について 「変形性膝関節症」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる 変形性関節症とは加齢によって関節の軟骨が摩耗、変形し、疼痛と可動域制限が起きる疾患である。荷重関節である膝やまたに好発する。この関節症は進行すればするほど、可動…

眼窩を構成する骨の語呂合わせ・覚え方

眼窩を構成する骨 https://allabout.co.jp/gm/gc/439040/より引用 眼窩とは眼球の収まる頭蓋骨のくぼみのことである。これを構成する骨は全部で七つであり、列挙すると以下の様になる。 ・頬骨 ・上顎骨 ・前頭骨 ・蝶形骨 ・篩骨 ・口蓋骨 ・涙骨 眼窩を構…

毛様体神経節を構成する神経の語呂合わせ

毛様体神経節とは http://www.kuchiiwa.jp/research07.htmlより引用 毛様体神経節とは視神経と外側直筋に挟まれた所に位置する神経節のことである。毛様体神経節には三種類の神経が存在する。 ・三叉神経の枝である鼻毛様体神経 ・内頚動脈神経叢由来の交感…

海馬への神経経路の語呂合わせ

海馬の神経連絡について http://www.arakawa-yasuaki.com/course/memory-zinc.htmlより引用 海馬は人間の記憶に重要な役割を担っている。海馬への主な入力は嗅内皮質から始まる。貫通繊維を経由し、歯状回へ送られる。苔状線維を経由した後は海馬(アンモン角…

視覚伝導路の語呂合わせ・覚え方

視覚伝導路について 感覚器系の疾患/視覚・瞳孔 - 役に立つ動物の病気の情報 ~ 獣医学 視覚情報は網膜の視細胞で受け取り、第II脳神経の視神経を通る。視神経繊維は交差して視交叉となり、その後視索となる。視索は、視覚の中継核である外側膝状体に向かい…

中心前回(一次運動野),中心後回(一次体性感覚野)の語呂合わせ

中心前回と中心後回について *1 人間の大脳皮質には中心溝と呼ばれる溝がある。中心溝の前壁は中心前回、後壁は中心後回と呼ばれる。中心前回には一次運動野と呼ばれる運動の中枢があり、中心後回には一次体性感覚野と呼ばれる皮膚感覚の中枢が位置する。 ま…

手根骨の覚え方・語呂合わせ(近位・遠位)

手根骨とは フィットネスの勧めより引用 手根骨とは手首の骨の事です。全部で八種類あり、近位列と遠位列に分かれます。 近位列:舟状骨,月状骨,三角骨,豆状骨 遠位列:大菱形骨,小菱形骨,有頭骨,有鉤骨 手根骨骨折において最も多いのが舟状骨骨折です。舟状…

回旋筋腱板を構成する筋肉の語呂合わせ(棘上・下筋,小円筋,肩甲下筋)

回旋筋腱板とは 肩甲骨 - Wikipedia 肩関節の回旋には、棘上・下筋,小円筋,肩甲下筋が関与しています。このそれぞれの筋肉の腱は上腕骨頭を囲んで動きを安定させる役割があり、回旋筋腱板と呼ばれます。 英語ではローテーターカフとも呼びます。ローテーター…

眼神経の枝の語呂合わせ(涙腺神経,鼻毛様体神経,前頭神経,テント枝)

眼神経の枝について *1 三叉神経の第1枝である眼神経は、上眼窩裂を通過する。これについては以前の記事でも触れた。今回はさらに細かく、その後の眼神経の分岐について扱う。 まず、眼神経は大きく分けて4本に分岐する。 ・涙腺神経 涙腺,結膜,上眼瞼外側部…

腹腔動脈の分岐の語呂合わせ(引用):問題点と注意点について

腹腔動脈とは フィットネスの勧め 体に関してより引用 腹腔動脈とは腹大動脈から分枝する動脈の一つです。この動脈は左胃動脈、総肝動脈、脾動脈の3本に分かれます。胃,膵臓,脾臓,肝臓などに血液を送っているため重要な血管です。総肝動脈はさらに右胃動…

交感神経が一重支配しているものの語呂合わせ

自律神経および交感神経について *1 自律神経は人間のさまざまな器官を支配し、昼夜働き続けている。日中、人間が活動や緊張した時に活発になる交感神経と、夜・リラックスしている時に活発になる副交感神経に分類される。 例えば心臓、消化管などは交感神経…

脳脊髄液の循環経路の語呂合わせ(側脳室~くも膜下腔)

脳脊髄液とは 第1章 解剖と生理機能 脳の解剖 ~ ナースフル疾患別シリーズの看護師基礎知識 ~より引用 脳脊髄液(のうせきずいえき、cerebrospinal fluid、CSF)とは、脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体である。弱アルカリ性で…

小脳核の語呂合わせ(歯状核,栓状核,球状核,室頂核)

小脳核とは *1 小脳は小脳皮質(表層の灰白質)と、髄体(内部の白質)から構成されます。 髄体の深部には小脳核という灰白質が4つあり、それぞれの名前は歯状核,栓状核,球状核,室頂核です。 小脳核の語呂合わせ 小脳核4つは歯状核,栓状核,球状核,室頂核でした。…

中硬膜動脈と後硬膜動脈の分岐元の語呂合わせ

中硬膜動脈と後硬膜動脈について *1 ・中硬膜動脈とは 中硬膜動脈は顎動脈の下顎枝部における枝。顎動脈は外頚動脈から分岐するため、中硬膜動脈は外頚動脈の枝と呼べる。側頭骨骨折で障害されることが多く、急性硬膜外出血の原因血管となる。(wikipedia参照…

頚動脈三角(Carotid triangle)を構成する筋肉の語呂合わせ

頚動脈三角(Carotid triangle)とは 頸動脈三角(けいどうみゃくさんかく)は、顎二腹筋後腹、胸鎖乳突筋、肩甲舌骨筋によって形成された三角形の領域である。前頚三角の一部。 総頚動脈、内頚静脈、迷走神経が通る。 頸動脈三角 - Wikipediaより画像、文章を…

後頭三角(occipital triangle)を構成する筋肉の語呂合わせ

後頭三角について *1 後頭三角(occipital triangle)とは胸鎖乳突筋・僧帽筋・肩甲舌骨筋(下腹)で囲まれる領域である。頚神経叢皮枝・副神経のほか、胸鎖乳突筋後縁近くを外頚静脈が走る。 (イラスト解剖学第8版p.59 松村讓兒 著) 後頭三角は、後頭下三角とは…

鵞足の語呂合わせ:半腱様筋と半膜様筋、縫工筋、薄筋についても紹介

鵞足(pesanserinus)とは何か 西宮整体.comより引用 鵞足は脛骨粗面の内側にある構造です。半腱様筋、縫工筋、薄筋の脛骨への停止腱によって成ります。解剖の試験のためには、鵞足に停止する三つの筋肉を覚える必要があります。なぜかというと「半腱様筋と半…

鎖骨下動脈(subclavian artery)の分枝の語呂合わせ(引用)

2017.8.25 更新 鎖骨下動脈(subclavian artery)の分岐について 鎖骨下動脈とは胸郭の上部を走行する比較的大きな動脈であり、主に頭や腕を栄養している。(略) 左右ともに鎖骨下動脈から分かれる動脈には椎骨動脈、内胸動脈、甲状頸動脈、肩甲背動脈がある。…

横隔膜(大動脈裂孔・大静脈孔・食道裂孔)を通過する臓器の語呂合わせ

*1 横隔膜と3つの孔・通過する臓器について 人間の胸腔と腹腔は横隔膜によって仕切られています。この横隔膜には血管(大動脈・下大静脈)と食道が貫通しているため、孔が3つ存在します。3つの孔とは大動脈裂孔・大静脈孔・食道裂孔です。通過する臓器は複数あ…

解剖実習の感想(期間、試験形式、班の決め方について)

情報の取り扱い 解剖実習の期間、試験 解剖班の人数、男女比 解剖班決定のルール 女子を必ず一名は入れること カップルを同じ班にしないこと 同じ部活の子で被らないこと 嫌いな人同士を同じ班にしないこと ちょうど一年前の2016年夏に、自分は解剖実習を経…

脳幹(延髄・橋・中脳)の機能の語呂合わせ

脳幹の機能について *1 脳幹(延髄・橋・中脳を合わせた集合体)には様々な役割があります。並べると以下の様になります。 嘔吐中枢 嚥下中枢 唾液分泌中枢 排尿中枢 呼吸中枢 血管運動中枢 心臓中枢 脳幹の機能の語呂合わせ それでは語呂合わせを紹介します。…

上眼窩裂・正円孔・卵円孔を通過する三叉神経の語呂合わせ

まずは三叉神経についての説明 *1 三叉神経(trigeminal nerve)は12対ある脳神経の5番目の神経です。三叉の名前は一つの神経が三つに分岐していることに由来します。 三叉神経から分岐した三本の神経はそれぞれ、眼神経(V1)・上顎神経(V2)・下顎神経(V3)と呼…

肝門三つ組と門脈三つ組の違い・語呂合わせ

現在自分は消化器の勉強をしていますが、肝門三つ組と門脈三つ組が紛らわしかったので此処にまとめておきます。 肝門三つ組と門脈三つ組 肝門三つ組とは、肝門部で一緒に出入りする門脈・固有肝動脈・肝管の三組のことです。 門脈三つ組と呼ばれるのは、小葉…

反回神経の役割と左右で異なる位置の覚え方・語呂合わせ

反回神経のまとめ 引用元*1 反回神経とは、10番目の脳神経である迷走神経(vagus nerve)から分岐した神経のことです。右反回神経と左反回神経の、2本存在します。 これら2本は左右で同じ位置には存在せず、対称的ではありません。具体的には左反回神経が大…

肝臓に圧痕を作る臓器の語呂合わせ

圧痕について 肝臓はさまざまな臓器に接しています。そのため肝臓の表面には圧痕(impression)が残ります。肝臓に圧痕を残す臓器は、たまに試験で問われることがあります。めちゃくちゃ重要というわけではありませんが、一応押さえておきましょう。ゴロを紹介…

カロー三角(肝臓下縁・胆嚢管・総肝管)の語呂合わせ

カロー三角(Calot's triangle)とは? *1 カロー三角(Calot's triangle)と呼ばれる部位が人間に存在します。カロー三角とは肝臓下縁・胆嚢管・総肝管で囲まれる三角形の領域のことです。 この領域には75%の例で胆嚢動脈が通過します。そのため外科手術の際に…

死冠(corona mortis)とは?下腹壁動脈・閉鎖動脈とヘルニア手術の関係性

死冠と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのようなRPGのアイテムを想起する方もいるでしょうが、医学的には誤りです。死冠とは簡単に言うと、人間の下半身に存在する血管の破格のことです。 破格とは何か 人間は誰…