譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

意識障害の鑑別診断はAIUEOTIPSで覚えれば良い

意識障害の鑑別診断

f:id:the_white_room:20171126153154j:plain

https://www.ishiyaku.co.jp/magazines/mt/MTArticleDetail.aspx?BC=014412&AC=6423より引用

意識障害の鑑別診断には有名な覚え方がある。意識障害は大きく分けて9つに分類することができるため、それぞれの英語の頭文字をとってAIUEOTIPSで覚える。

過去の記事で鑑別診断ではOPQRSTUVVINDICATE!!!+Pも重要であると書いたが、この二つは英語圏でも同じ覚え方がある一方で、AIUEOTIPSは日本人のみが覚えやすいように作られたものだと考えられる。

鑑別診断の覚え方はAIUEOTIPS

意識障害の鑑別の分類を以下に記述する。

Alcohol(アルコール)

Insulin(低血糖)

Uremia(尿毒症)

Encephalopathy(脳症)

Oxygen(低酸素血症),Opiate(薬物中毒)

Trauma(外傷),Temparature(体温異常)

Infection(感染症)

Psychiatric(精神疾患)

Stroke/SAH(脳血管障害),Shock(ショック)

以上、まとめるとAIUEOTIPSとなる。

【関連記事】

疾患の分類はVINDICATE!!!+Pで覚えれば良い

患者の現病歴を聴取する際はOPQRSTUVがポイント