譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

数学の参考書は青チャートか、一対一対応の演習を使うべきか?難易度、問題数から考察。

青チャートは一番有名な参考書

数学の参考書は数多くありますが、一番有名なものは青チャートだと思います。自分の高校でもこの青チャートが配布されましたし、宿題としてノートに解き、提出するというノルマを課せられていました。

青チャートはいわば数学の辞書です。収録されている問題数は異常なほど多く、大学入試で出題されるほぼすべての問題がこの参考書で対応できます。

青チャートさえ完璧にしておけば受験数学で不安に感じることはないと思います。しかし全て解ききるには膨大な時間がかかります。大学受験は数学だけで受かることができません。すべての科目の総合力で合格が決まるので、青チャートばかりやって他の科目に手を付けられないのは避けましょう。

したがって青チャートのメリットとデメリットをまとめると、

メリット:受験で出題されるあらゆる問題に対応する力が身につき、確実に得点が期待できる。

デメリット:収録されている問題全てを解ききるには時間がかかるため、計画が頓挫しやすい。

一対一対応の演習は無駄を省いた参考書

青チャートと比較される本として、一対一対応の演習があります。一対一は僕が愛用していた参考書の一つです。この本は青チャートにくらべると問題数は少ないものの、簡単なレベルの問題を省いて重要な問題だけを選定して構成されています。

一冊あたりの分量が少ないので何回も周回することができましたが、自分はやや基礎をないがしろにしがちでした。一対一対応でも基礎力を身に着けることは十分可能ですが、青チャートの方が苦手な人から得意な人まで万人受けすると思います。

自分は高校時代、学校で配られた青チャートよりも、この一対一対応の演習を頻繁に使っていました。結果的には医学部に合格することができたので、選択が誤っていたとは思いません。しかし青チャートでも十分合格可能だったのかなぁとも思います。一対一対応の演習のメリット・デメリットをまとめると、

メリット:短い時間で、受験に必要とされる確実な力をつけることができる。

デメリット:数学が苦手な人には厳しい。問題数が少ないので漏れが生じる可能性がある。

青チャートと一対一対応の演習の比較

青チャートと一対一対応の演習を比較してまとめると、

青チャート:問題数が非常に多い。数学が苦手な人から、得意な人まで全ての層が使えると思う。一冊全てをマスターするには時間がかかる。数学を解く力は十分に付けることが可能。

1対1対応の演習:重要な問題だけで構成されている。参考書を一周するのにかかる時間はそれほど要しない。時間の無い現役生に特におすすめ。数学が苦手な人にはあまり向かない。受験数学に特化しているので、入試における点数の取り方が分かる。

以上です。どちらも良い参考書なので気に入った方を使うのが良いと思います。