譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

2018/01/06【ひろゆき】ベーシックインカムを実現するにはどうしたらいいか会議 #19 の要約

ひろゆきの生放送の要約を書く

2018年の新たな試みとして、ベーシックインカムを実現するにはどうしたらいいか会議の内容を復習していこうと思います。

内容を復習するには放送を何回も聞けば済む話ですが、一回分再生すると6時間近くかかる放送もあるので、自分用に文章で残した方がいいと思い、このような記事をあげることにしました。

この放送から学ぶことは本当にたくさんあります。ひろゆき氏にはできるだけ長く続けて欲しいです。

ちなみに放送場所はこちら↓

ch.nicovideo.jp

ベーシックインカムを実現するにはどうしたらいいか会議 #19 の要約

今回は2018/01/06に放送された内容です。

・橋下徹の即リプ,朝まで生テレビについて

即リプは放送時間が少し短かった。サバンナ高橋は番組内容を一般人のレベルに下げるのに活躍していた。討論番組はそもそも基本的に答えのない問題を扱う。メディアに出演する際は2ch管理人であったことを繰り返さないと、自分が話す内容に意味をなさない。

ここから、ネットのコンテンツ・動画はつまらなくなってしまうと持論を展開。

・ダウンタウン浜田,黒人差別問題について

差別問題に対する一番の解決方法は「触れない事」。そもそも笑いとは差別を含む。誰かが嫌だと感じた時点で差別になる。群馬いじりも差別になる可能性がある。渡辺直美が面白いのは太っているから。いじりが差別ということになると笑いは衰退してしまう。ハゲとデブは差別ではないのか?と指摘

・米Youtuberローガンポールが炎上

遺体を写すこと自体には問題はない。なぜなら戦時中の写真はたくさんあるため。具体的にローガンポールの何が悪かったのか説明できる人はいるかどうか。他の動画で彼が築地でしたことは確かに問題があった。しかし、彼自身は遺体を指差し、笑って馬鹿にしてはいない。ああいった特殊な状況を受けて笑みがこぼれてしまったのではないかと推測。

・ドローンの規制について

日本がドローン産業・ブームを失ったのはノエルではなく、ドローン少年を叩いた人達に原因がある。ローガンポール、ノエルも法律に触れてはいないものの、批判が集まってしまった。何でもかんでも周りが叩いてしまうと、コンテンツがつまらなくなるし衰退するだけである。

・不倫,一夫多妻制について

被害者がいないなら不倫はどうでもいいのではないか。キルギスタンの異常な婚姻制度について説明。法・文化も国によってそれぞれ違うので一律に考えるのは難しい。インドで起きた凄惨な事件について説明。外国の文化は日本の文化とは根本的に異なる。兄夫婦についても説明。法律で決めるべきなので、文化・価値観の何となくの圧力で強制するべきではない。

・ベーシックインカムと不倫

ベーシックインカムが導入されると離婚,不倫は増える。なぜなら別れたところでお金には困らないから。一方で逆に結婚も増えると考えられる。経済的な理由で結婚ができない人を後押ししてくれるため。離婚率と結婚率は同時に上がるが、これは少子化対策につながる。

・日本は既に詰んでいる

2020年に女性の半分が50歳以上。子供は減り、老人は増加。老人の生活を若い人たちが維持するので社会負担が増える。子供が育てられないし,子供を作るのは後回し。結果、少子化となる。少子化が悪化して子供の出生率が減ると、いずれ子供を産むであろう人達も減る。負の連鎖が続いている。出生率2を維持し続けなければいけないが、ずっと2を切っている。

・保育園制度はやめるべき

保育園にいけない子供たちにもお金を使うべき。子供が生まれた時点でお金をあげて保育園やベビーシッターを雇うなりさせればよい。学校利権に関わるので実現は難しそう。

・籠池,加計学園の獣医学部は必要か

 籠池が捕まったのは補助金申請の際にうその書類を作ったから。

新しい獣医学部は外国人留学生が20%近くを占めているので意味がないのではないかと指摘。医師・獣医師は結局のところ都会に行く傾向がある。補助金をあげて田舎に行ってもらわないといけない。日本でもそのような状態なんだから、外国人留学生枠を作っても外国に帰るのではないかという懸念。

・弁護士と獣医師。数が増えればいいのか

弁護士の例をあげると、人数を増やしたところ正しくない仕事をする弁護士が増えている。獣医師も同様、変な方向に進んでしまうのではないか。

・もともとペットを飼うことは好ましくない

獣医師がお金を儲けるためにはペットを大量に買ってもらうことが必要。そうなると消費者がたくさんペットを購入して、たくさん捨てるほうがお金は儲かる。獣医学界が潤うために、そのような方向に向かう可能性がある。外国ではペットの売買が禁止されている所もあり、日本とは異なる。

・ひろゆきはペットを飼うのが嫌い

ペットはいずれ亡くなってしまう。ペットが亡くなるのは嫌な事。あらかじめ嫌なことが確定しているので、ひろゆきはわざわざ嫌な思いをしてまでペットを飼いたくない。

ペットが好きと言ってペットを飼っている人はペットが亡くなっても大丈夫な人。したがって本当はペットが好きなのではないと予測。家族が亡くなって新しい家族を飼えばリセットできるという感覚にひろゆき氏、疑問。

・動物と人間について

動物園にいったり、保健所から動物を引き取るのは良いと思う。でもそもそも野生の動物を無理やり自分の所に連れてきて本当に動物は幸せに暮らせるのか。

ペット業界は営利企業でやっているため、いっぱい繁殖させていっぱい廃棄するのがビジネスとして儲かる。よって、ひろゆき氏自身はペットを飼わない。お金を使わない。

・ひろゆき氏の祖父は牧場をやっていた

小さい頃から牛が屠殺されることが身近であったため、ひろゆきは動物の命に対する気持ちが強い。

・ベジタリアンは本当にいいのか問題

実はベジタリアンは体に悪い。寿命も短くなる。種だけは食べないといったビーガンという種類の人もいると教えてくれた。

・太古のハチミツ、ひろゆきはハチミツを作りたいらしい

数千年前のハチミツがエジプトで発見されたらしい。ハチミツに含まれている糖分が中を保護し、エジプトという湿気の少ない環境が保存に適していた。

フランスのパリではハチミツを作る趣味があるらしい。ひろゆきは将来、暇だったらやりたい模様。

・三大珍味(主にトリュフについて)

トリュフもハチミツと同様、栽培できる。トリュフはマッシュルームを薄く切った味。トリュフの値段はスーパーで1500円。でもトリュフよりマツタケの方がおいしい。

・無理して美味しいものを食わない方がいい

舌を肥やすと、おいしいものが分からなくなってしまう。そこそこの物を食べるのが良い。マクドナルドはおいしいけど、ポテトは体に悪い。マクドナルドを代表として、ジャンク系の物は腐らない。マクドナルドもヤマザキパンも腐らないらしい。工場で作っているほうが清潔なので、長持ちしやすい

・工場で作る方が農家よりもいい?

農家はいずれ減少していく。季節や土は完全にコントロールできないので、工場で作った方が農家よりも安全につくることができる。例外を除けば、基本的に水耕栽培・LEDの光で農業は成り立つ。

・伊集院光のラジオのやり方

伊集院の雑談は、土壇場のフリートークではなくあらかじめ用意されたネタを話しているから面白い。伊集院は用意された感じを出さずに話すところから、トークのうまさを感じる。

・アリを食う事や,ヒアリについて

アリを食うとギ酸のせいで酸っぱく感じるらしい。ヒアリはかつては猛威をふるっていたが寒さに耐えきれず冬をこせなかった模様。ヒアリ警察も引退したらしい。

・リーダーが強い国,ロシアについて

合議では決めないような行いをする国は強い。村を焼いたり、神風特攻隊は合議ではでてこない戦略である。リーダーが強いからこそこのような戦いができて、勝利を収めることができた。

・天皇について

天皇機関説についての意見。天皇の引退についても言及。ひろゆき、来年に元号が変わることを知らなかった。今ここで知ることができてよかったと安堵。

・ウーマンラッシュアワー村本について

無知を馬鹿にすることはよくない。玄人ばっかりのところに素朴でいい質問を出す人がいるのは貴重。朝生はそもそも答えがないことを議論する番組なので、無知の人の存在はあってもよい。ABC予想についても言及。

・理不尽について

理不尽と怠慢の結果は違う。本来、理不尽とは避けられない結果もしくは不可抗力のことだが、概して人間は怠慢の結果を理不尽と呼びがち。

・24時間後亡くなるならどうすればいいか

ブログやTwitterを通して亡くなることを報告するならいい。でも電話で相手に伝えるのは良くないと発言。

電話で伝えたとしても相手は嘘だと思って迷惑に感じるし、本当に亡くなったら相手を嫌な気持ちにさせるだけだから。寿司を食い、あとは恥ずかしいもの処分するのが理想だと発言。

・不老,脳の移植について

若い人を不老にするのはいいけど、老人を不老にさせちゃうと困るよね。

・パンツマンとニューヨークの炎上について

パンツマンはそもそも、ニコニコにとって動画を投稿してくれるお客さんである。間違って彼を怒らせてしまっただけならいい。でもニコニコがわざわざお金を使って企画を作り、お客さんを怒らせる構造にしたことについては不快感を覚えたらしい。

・ひろゆきはそもそも悪口を言わない

例外の配信者を除いて、ひろゆきは悪口・暴言を言わない。だからこそパンツマンについては不快感を得たらしい。

・一人でしゃべり続けるYoutuberはすごい

ひろゆきは音声やコメントがあるからこそ、生放送ができる。でも真っ暗闇で何の反応がないと何をしゃべったらいいか分からないらしい。

・容姿について

「俺はイケメン」というコメントに触れる。ネット上でそのようなコメントを書く人間は不細工だと断定。容姿が悪いとやっぱり世の中では不利なので、就職にも響く。ここで前半からの伏線を拾う。

・小人プロレスについて

小人プロレスとは生まれつき病気ので身長の小さい人が、エンターテイメントとして行っていたプロレスの事である。差別に反対する人の意識が強くなり、小人プロレスは無くなった。しかし小人プロレスが消え、結局はその人たちの仕事を奪うことに繋がった。

・ハゲとデブについて

ハゲとデブに対する差別反対の意識が強くなると、それを売りにしている芸人の職を奪うことになるのではないかと心配する。

 

以上です。約二時間の放送でしたが、とても中身が濃かったように思えます。見づらかったらすみません。