譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

ベーシックインカムのメリット・デメリットについて最近学んだこと

ベーシックインカムとは

皆さんはベーシックインカムと呼ばれるものをご存知でしょうか。ベーシックインカムは簡単にいうと「働いている人も働いていない人もみんな平等にお金を分け与える制度」です。

先日の選挙で小池都知事が所属した「希望の党」もこのベーシックインカムを公約に掲げていましたね。自分は政治や経済の分野に非常に疎い訳ですが、このベーシックインカムに対しては少し興味があり、色々調べたのでここに学んだことをメモしておきます。ほとんどひろゆき氏の受け売りです。

ベーシックインカムのメリット

ベーシックインカムでは、人間が必要最低限の生活を送るための金額が支給されます。具体的な金額としては7万円ほどを想定しているようです。今、自分が稼いでいる額だけで到底暮らすことができない人にとっては、このベーシックインカムはまさに救いの手です。生活のための経済的な援助となることが可能でしょう。

また、ベーシックインカムは労働環境を改善するとも考えられています。今、自分の生活のためにやりたくもない仕事をやらされている人がいると仮定しましょう。その人はブラック企業に勤め、仕事を辞めることができません。

でもベーシックインカムがあれば仕事を辞めた後の生活も保証されるため、難なく辞めて転職することができます。生活が保証された人々は労働環境が良い場所を自分で選択することができ、ブラック企業は自然と淘汰されていきます。これがベーシックインカムが労働環境を改善する可能性を秘めている理由です。メリットはまだまだありますが、次はデメリットに移りましょう。

ベーシックインカムのデメリット

ベーシックインカムは当然のことながらデメリットも生じます。

まず第一にあげられるのが財源の問題です。国民全員に毎月ある程度の額を支給するとなると、莫大な予算です。もちろん消費税や年金の調整、いわゆる嗜好品や公的な賭博に課税するお金の比率を上げれば何とか捻出できるかもしれませんが、現実的とはいえません。

制度を導入した他の国での顕著な成功例は未だなく、今後日本が取り入れる可能性は極めて低いです。

他にも怠け者が増えるのではないかという危惧もあります。お金が貰えるのなら働かなくていいや、という人は一定数必ず生じます。お金が貰えるからといって仕事を辞めないで働き続ける人もある程度いるかもしれませんが、実際の所は全く予想できません。

以上、ベーシックインカムについて学んだことを書いてみましたー。多分間違っているところは沢山あるので目をつぶって欲しいです。たまには経済も勉強すると楽しいなぁと感じました。