譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

物理のエッセンスの難易度は初心者のレベルに合っていないという事実

物理のエッセンスは難しすぎた

自分は高校時代、生物ではなく物理を選択していました。いろいろな参考書を購入した上での結論を書くと、物理のエッセンスは難しくて自分には合わなかったです。

そもそも自分がなぜ物理の参考書を購入したのかというと、苦手で難しい物理を学習するために何かいい参考書が欲しかったからです。しかし物理のエッセンスは自分のニーズを満たしてはくれませんでした。

書店に行けば大量に物理の参考書が販売されていますが、その中でも一番有名で評判のいいものが物理のエッセンスだったので、とりあえず購入したのです。今思うと、リサーチ不足だったと思います。

物理のエッセンスの問題・中身について

簡潔に物理のエッセンスの中身を紹介します。この本は重要な公式とポイントが羅列してある参考書です。収録している問題に対する解説は素朴でした。よって初学者が学ぶにはハードルが高いという印象を受けました。合う人には合いますが、合わない人には合いません。

「重要なポイントが太字で強調されている」に関しては、試験前に確認する際は便利です。しかし初学者はなぜそれが重要であるかが理解できず、物理の問題を解くためには暗記するしかないと勘違いします。物理は暗記だけで解くのは不可能なので、ここでつまづくと余計に物理が苦手になってしまいます。

「問題の解説が素朴」に関してですが、実力のある人ならば解説が多少雑でも問題ありません。その人の力で補えるからです。しかし初学者・苦手な人はしっかりとした解説がないと問題を十分に理解することができません。したがって、せっかく問題を解いたのに消化不良を起こしてしまいます。

漆原の物理 明快解法講座がおすすめです

自分は物理のエッセンスをしばらく使っていましたが、自分とは相性が悪いことに気づくと、すぐに別の物を使い始めました。その参考書が「漆原の物理 明快解法講座」です。

後日、詳しい紹介記事をあげると思いますが、この本は自分の様な物理を苦手としている初学者にぴったりでした。

物理のエッセンスと違うと思ったのは、

「問題文の条件を読み取り方、その公式を用いるべき必然性・理由、問題を解くために必要な分かりやすい図の描き方」

が全て解説されていたところです。ここまで詳しく書かれると、当然のことながら解説は充実し、厚みがありました。

物理のエッセンスを絶対に使うな、とは言わないです。しかし有名である、評判のいい名著であるからといって自分との相性がいいとは限りません。物理の参考書を買う際には、しっかりと自分のレベルや、何を必要としているかを考えてから購入してください。