譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

聴覚伝導路の覚え方・語呂合わせ

聴覚伝導路について

f:id:the_white_room:20171207231101p:plain

https://ameblo.jp/sts2smalice13/entry-12152655178.htmlより引用

音はコルチ器の有毛細胞で知覚される。この細胞が受けた刺激は、らせん神経節、蝸牛神経核へと伝えられる。やがて上オリーブ核、外側毛帯を通り中脳下丘に向かう。そこから内側膝状体に入り、最後は聴覚野に終わる。

以上の流れを整理すると、

コルチ器→らせん神経節→蝸牛神経核→上オリーブ核→外側毛帯→下丘→内側膝状体→聴覚野

となる。

聴覚伝導路の覚え方・語呂合わせ

語呂合わせは以下の通り。

コルチ器→こっちから

らせん神経節→落

蝸牛神経核→下した牛

(上)オリーブ核→を

外側毛帯→画

下丘→家が

内側膝状体→ナイス

聴覚野→チョップ

まとめた語呂合わせは こっちから落下した牛を画家がナイスチョップ