譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

大腿三角(スカルパ三角)の構成要素の覚え方・語呂合わせ「縫工筋,鼠経靭帯,長内転筋」

大腿三角(スカルパ三角)について

f:id:the_white_room:20171018232134p:plain

http://rihakyoku.com/scarpa-triangle/より引用

大腿三角(スカルパ三角)とは縫工筋,鼠経靭帯,長内転筋で囲まれた三角形の領域のことである。この三角形の中央に大腿骨頭があることが多く、股関節の診察の際に目印として利用される。

解剖学では○○三角を問われることが多いが、三角形を構成する要素だけでなくその範囲を通過する重要な臓器・部位も覚えることが大事である。

▼関連記事

カロー三角(肝臓下縁・胆嚢管・総肝管)の語呂合わせ 

大腿三角(スカルパ三角)の語呂合わせ

大腿三角(スカルパ三角)を構成するのは縫工筋,鼠経靭帯,長内転筋であり、覚えるための語呂合わせは以下になる。

大腿三角→だいたい

縫工筋→ほ

鼠経靭帯→そ

長内転筋→長い

まとめた語呂合わせはだいたい細長い