譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

医療業界の用語:ハイパーとハイポの意味

先輩から話を聞いた

先日、先輩医師からお話を聞く機会がありました。その中で興味深い単語があったのでここに記録しておきます。

先輩は現在研修中で、これから診療科をどこにしようか考えている最中です。話によれば診療科は色々あるけど、ハイパーな科とハイポな科があるとのことでした。

ハイパーとハイポ

ハイパー?ハイポ? めちゃくちゃ紛らわしい!それに診療科と何が関係あるの? と、思った方もいるでしょう。自分も同じです。

Wikipediaの意味をまとめると、

ハイパーは「上」「超越」

ハイポは「下」「未満」

です。

これに加え、実は医療業界においてハイパーは「大変」、ハイポは「大変ではない」を意味するようです。

ハイパーな科には体力に自信のある方、ハイポな科には仕事と子育てとの両立を目指す方が多いそうです。(一概には言えない)

この「ハイパー」「ハイポ」という言葉、普通に使えるように見えて、日常で使う際には注意が必要です。

なぜなら特定の科で働いている医師に対し「ハイポ」呼ばわりする行為は差別に該当するためです。

完全に禁止されているわけではないですが、公での使用は避けるべきです。

今回は意外と知られていない医療用語「ハイパー」「ハイポ」についての記事でした。また1つ賢くなれたので、自分は満足しました。