譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

医学部6年間のカリキュラムの流れを簡単にまとめました。

Doctor

今回は医学部6年間のカリキュラムについて書きます。

 

医学部のカリキュラムについて

医師を志す者が集まる医学部医学科では6年間に渡って授業が行われます。当然のことながら各学年によって学ぶ内容は異なります。6年間の学習を終えて初めて医師国家試験を受験できます。

 

一般的には医学部は偶数学年が忙しく、奇数学年は楽だと言われます。それでは各学年でどのような勉強をするのか、見ていきましょう。

 

医学部一年生

f:id:the_white_room:20170708180757p:plain

一年生では主に教養科目を中心に学びます。医学とはあまり関係が無い科目のことです。医学部に入れば病気や薬だけ勉強する、と勘違いする人は多いです。しかし一年生の間は英語・物理・化学といった基礎的な科目を勉強しなければいけません。

 

これらの科目は高校時代に勉強したことの延長線上ですが、意外と侮れません。一年生で留年する生徒はこの科目を落とすことが多いからです。

 

理由として考えられるのはモチベーションの低下です。医学を勉強するために入学したのに、いきなり関係のないことを勉強させられる。そう感じる生徒が最初に躓く傾向にあります。

 

「医学に関係のない」と書きましたが、自分は100%そうだと思いません。一見関係の無いように見えても、医学の根幹を支えているのは教養科目だと思うので勉強する価値は大いにあります。

 

最近はカリキュラムが前倒しになっているので、教養科目も習いつつ医学的な事項も学習しなければいけません。

 

医学部二年生

f:id:the_white_room:20170708180833p:plain

医学部二年生になると教養科目は終わり、基礎医学の授業が始まります。医学部の授業は基礎医学と臨床医学に大きく分かれており、まずは基礎医学から先行して学びます。

 

基礎医学中心の医学部二年生ですが、一番大きなイベントは解剖実習だと思います。解剖実習は約数か月に渡って行われるハードな実習です。

 

解剖学自体、暗記することが多くて難しいので学生はこの実習中にかなり苦戦を強いられます。解剖学が終わっても病理学や微生物学など、まだまだ強敵が控えているので二年生はとても忙しいです。

 

大学によって異なりますが、医学部の二年生が一番きついとされています。六学年で1番留年数が多いのは二年生と言われます。大半の人は解剖で留年します。逆に言うと解剖さえ乗り切れば二年生は何とかなるのが現状です。

 

二年生で基礎医学は全て学び終えるので、三年生からは臨床医学が始まります。

 

医学部三年生

f:id:the_white_room:20170708180846p:plain

三年生では臨床科目(臨床医学)を勉強します。この学年から初めて病気について深く勉強します。

 

今までは表面的な知識だけで試験に通れましたが、この学年からは一筋縄ではいきません。架空の患者の症例を見て何の病気か判断し、術式や治療薬を選択する問題が出題されます。思考力が必要とされるので、非常に難しいです。

 

医師国家試験において基礎科目はあまり出題されることはありませんが、臨床科目は出題範囲のほとんどを占めます。ですからこの学年で勉強をさぼってしまうと、国家試験にかなり影響がでます。

 

三年生では臨床科目だけではなく、基礎配属(研究室配属)と呼ばれる実習も行われます。これは医学部の基礎研究を学生が実際に体験するのが主な内容です。さまざまな研究室から自分が興味のあるものを選択し、数か月間お世話になります。

 

臨床科目だけを勉強するようになっても、学生が基礎医学からかけ離れないようにするためにこういったカリキュラムが設定されているのかもしれません。

 

医学部四年生

f:id:the_white_room:20170708180412p:plain

医学部四年生で臨床科目は一通り全て学び終えます。そしてその後にOSCECBTという大きな試験を受けます。これらの試験は学生が病院実習に出る前の最後の砦となります。

 

OSCEとは学生が実際に患者を診察する能力があるのか評価する試験です。医学部はただ勉強ができるだけでは足りませんので、ちゃんと患者とコミュニケーションが取れるのかここで判断されるのだと思います。

 

CBTとは今まで習ったすべての範囲(基礎科目と臨床科目)から統合して出題される試験です。この試験では学生の能力を総合的に評価できます。学生は一二年生で習ったことも再び復習しなければいけないので、非常に忙しくなります。

 

CBTとOSCEが両方とも合格でないと、進級できません。また進級できないということは、病院実習にも出れないことを意味します。

 

医学部五年生

f:id:the_white_room:20170708181109p:plain

この学年では病院実習を行います。今までは五年生から実習がスタートしていましたが、2018年からは四年生の秋から始まることになりました。

 

学生が早期から病院実習で経験を積むことによって、医師としての能力を高めることが目的なのだと思います。

 

病院実習では実際に患者さんを診察したり、手術を見学することになります。座学よりも当然ハードですから、体力勝負となります。

 

ただ実習だけを行えばいいのではなく、医師国家試験の対策にも追われます。医師国家試験は莫大な知識量を要求されるので、直前に勉強するだけでは間に合いません。五年生から対策する人は多いみたいです。

 

ビデオ講座を各自で取り、勉強するのが主流みたいです。自己管理する力が大事になりそうですね。

 

医学部六年生

f:id:the_white_room:20170708181123p:plain

六年生は初めの数か月ほどで病院実習が終わります。その後は卒後に働く病院とのマッチングをします。いわゆる就職活動ですね。

 

医師国家試験の合格が必須だと知っている人も多いでしょうが、卒業試験にも合格する必要があります。大学によっては卒業試験で学生をふるい落とし、国家試験を受験する学生を選別するところもあります。合格率をあげるためですね。

 

医師国家試験が本番ですが、卒業試験も無視できません。学生にとってのプレッシャーは大きいはずです。聞いた話では秋に卒試、冬に国試があるようです。全ての試験にクリアすると晴れて研修医としての生活がスタートします。

 

最後に

2017年現在、自分は医学部三年生をしています。まだまだ体験していない事は多いです。先輩から見聞きした情報を元に記事を作成しました。間違ったことがあるかもしれませんが、ご容赦お願いします。