譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

医学部受験で志望校を選ぶ際に重要なポイントをランキング形式で5つ紹介

医学部受験は下調べが必要

今、自分が医学部に通っていて感じるのは「高校生の間に志望校についてもっと調べるべきだった」ということです。

一度医学部に入学してしまうと、他の大学に入り直すことは極めて難しいです。したがって行きたい大学をしっかり決めて、自分にとって後悔のない選択肢を選ぶ必要があります。

今回は5つのポイントに分け、「医学部受験で志望校を選ぶ際に必要なこと」をランキング形式で紹介します。医学部受験生は是非とも参考にしてみてください。

 

医学部受験で重要なポイント

f:id:the_white_room:20180111033356p:plain

1位:学費を安く済ませるなら国公立を選ぶ

志望校を選ぶ際にはまず「国公立or私立」を考えましょう。

通常、一年間にかかる学費は、国公立の医学部はだいたい56万円。私立だと数百万かかります。経済的に余裕があるなら私立でも可能ですが、できるだけお金をかけたくない人は国公立を目指しましょう。

お金に固執するのも問題ですけれど、私立に現役で入るより多浪で国公立に入学する方が計算上は安く済みます。学費の問題は学生自身で解決できるものではないので、親としっかり相談して志望校を選びましょう。

2位:進級が緩い大学を積極的に選ぶ

ネットの情報をかき集めて、進級の緩い大学を探しましょう。

国公立医学部の進級と留年 - 国立医学部受験情報というサイトが結構参考になります。自分が本当に行きたい大学に憧れるのは構いませんが、留年を重ねて卒業できなくなってしまったら本末転倒です。できるだけ進級が厳しい・留年者数が多い大学は避けるべきです。

非常に意外なことですが、大学の偏差値と進級の厳しさには相関関係があまりありません。多くの人は「難しい大学ほど進級は甘いんでしょ」と思うかもしれませんが、一概には言えません。入学時に高い学力を求め、なおかつ在学時にもハードな学生生活,進級試験を課す大学も、中にはあるようです。

個人的におすすめなのは「大学の偏差値がそこそこ低めで、進級もそこそこ甘い」ところだと思います。

3位:入学試験の形式、難易度(センター試験,二次試験の比率を参考に)が大事

医学部に入る方法はいろいろあります。面接だけのAO入試,センター試験+面接の推薦入試,センター試験+二次試験の一般入試が例にあげられます。どれが良い、というのは特にありませんが、しいていうなら自分の得意な形式で挑戦しましょう。

AO入試は学力ではなく、他の部分を重視する傾向が強いのでかなり特殊です。なので普通の学生は推薦入試と一般入試の併願が理想です。

あと、できれば二次試験で挽回が可能な大学が好ましいです。万が一、センター試験で失敗した場合、センターの比率が大きい大学だとその時点で合格する可能性が極めて低くなります。そのため保険の意味を込め、二次で挽回できる所をおすすめします。

僕が受験生だったころは医学部受験なのに二次で国語を課す大学や、理科三科目が必須の大学、理科が受験科目になくて英語と数学だけで入れる大学、英語が無くて数学と理科だけで入れる大学がありました。(今は変更されているかもしれません)

自分の得意分野を徹底的に分析して、どの大学の二次試験ならいけそうか考えましょう。僕の意見は、受験科目が少ない医学部を選んだほうが、本人の負担が軽くて良いのではないかと思います。

4位:自宅もしくはアパートと、大学の立地は意外と重要

大学と家との距離が近いと、授業に出席するハードルが格段に低くなります。したがってキャンパスが山の中にある所よりも、できるだけ市街地に位置するところを選びましょう。

多くの大学生は一人暮らしをしながら、医学部に通います。これは結構大変なことです。もちろん実家暮らしで大変な思いをしてる人もいますが、実家は家族がいるので食事や家事の負担が少ないです。

朝起こしてくれる人もいないので、一人暮らしだと自己管理をしながら通学しなければいけません。大学の近くにアパートを借りることを推奨します。もし仮に大学の立地が悪いと、時間通り起床したり、自転車や徒歩で通学するのは非常にキツイからです。

大学の授業が突然空きコマになったり、忘れ物を取りに帰る際はアパートが近いと非常に便利です。通学だけではなく、こういう所もメリットがあるので立地はしっかりと意識しましょう。

5位:将来のキャリアのために大学のブランドは大事かも

非常に難しいですが、自分の将来のために東大・京大といった難関大学を受験する人は多いです。いわゆる旧帝医学部に入れば、医学部の教授への道が開かれ、立派で優秀なドクターになれるからです。そのような所を目指す人を僕は応援します。

しかし「ただ純粋に医者になりたい」という人には旧帝医学部をすすめません。なぜなら医者になるだけなら、何処の大学を卒業しても変わらないからです。難関大学に入れば充実した教育・研究に触れることは可能ですが、浪人しても必ず入れる保証はないので、その辺りは慎重に考えるべきだと思います。

自分の学力と相談しながら、ある程度妥協することも時には重要なのではないかと考えます。

以上です。できるだけ多くの受験生に参考になれば幸いです。