譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

自宅浪人は費用が抑えられるが、塾や予備校に通った方が成功する可能性が高い

塾・予備校 or 自宅浪人 どっちがいい?

f:id:the_white_room:20180309080424p:plain

大学受験は相対的に合格者が決まるので、毎年必ず悔しい思いをしている人が出てきます。

浪人といっても塾や予備校で授業を受ける「予備校生」や、独学で受験に挑む「自宅浪人」など、いろいろなスタイルがあります。

たとえば予備校に通う場合を考えましょう。通うところでも異なりますが、基本的に一年間通うと、約100万円ほどかかります。県外の予備校に入り、寮で生活するとなるとこれに加えて約100万円ほどかかるので、県外の寮で一浪すると合計200万円近く支払うことになります。

200万円で行きたい大学に入れるなら、安いと考える人もいると思いますが、一般的に200万円はかなりの金額だと思います。

もし予備校に通わず自宅で浪人するなら、お金はそれほどかかりません。せいぜいかかると言っても参考書や模試代なので、自宅浪人で合格できるなら圧倒的にこちらの方がコスパはいいです。

一見良さそうな「自宅浪人」のデメリット

さて、金銭的な面でかなり優秀な自宅浪人ですが、これから浪人するすべての人に薦めようと僕は思いません。なぜなら安く大学受験に挑戦できるとはいえ、非常に難易度が高い選択肢だと思うからです。

今まで高校に通っていた人にとって友達や先生と会話することは当たり前ですが、もし自宅で浪人するなら、日常生活で出会う人といえば必然的に家族だけになります。

受験生はメンタルを維持するのが重要です。しかし、一人で勉強するとなると酷く孤独を感じることとなるでしょう。また、勉強する際は他人と競いあうことが強いモチベーションになると思いますが、独学をしていると何を目標にしたらいいか分からないし、達成感を得るのも難しいです。

以上より、自宅浪人は経済的に考えるとまぁまぁ良い選択肢ですが、合格を目指すなら割とハードモードになると思うので注意すべきだと思います。