譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

健診と検診の違い・一次~三次予防について

健診と検診の違い

健診について

健診と検診は読みが同じですが、意味は異なります。ややこしかったのでまとめてみました。健診とは「健康診断」のことです。診察および各種の検査で健康状態を評価します。

人間ドックが例に挙げられます。健康の維持や疾患の予防・早期発見が目的です。病気にならないための予防措置として行われるので、一次予防にあたります。(wikipedia参照)

検診について

検診とは、ある病気を早期に発見して治療することを目的にしています。よってこれは早期発見・早期治療のための予防措置であることから、二次予防にあたります。

まとめ

とりあえず、

・健診=健康診断であること

・検診は早期の治癒が目的であること

を押さえておけば、後々イメージしやすいかと思います。

また、一次~三次予防についてまとめると、

一次予防:初発の予防。その病気になることを避ける。

二次予防:病気の再発・進行を防ぐ。(早期発見、早期治療)

三次予防:社会復帰(リハビリテーション)

です。