譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

血漿浸透圧の計算、予測式の覚え方・語呂合わせ(引用)

血漿の定義と血漿浸透圧の求め方について

人間の体内総水分量は体重の約60%。そのうち3分の2は細胞外液であり、細胞外液は間質液と血漿で構成されている。

体液全体の浸透圧を調べるには血漿浸透圧が指標になる。血漿浸透圧は電解質濃度(Naの2倍)・グルコース濃度・血中尿素窒素濃度で計算することができる。

血漿浸透圧の予測式の覚え方・語呂合わせ

血漿浸透圧の予測式は、

P(mOsm/L)=Na×2+BUN/2.8+BS/18

である。※mOsm/L=mOsm/kgH2O

P(mOsm/L)が血漿浸透圧、BUNが血中尿素窒素、BSが血糖(Blood Sugar)

語呂合わせを紹介すると以下。

Na×2 → なに?

BUN/2.8 →文Ⅱは

BS/18 → ブスがいっぱい?

まとめた語呂合わせは なに?文Ⅱはブスがいっぱい?

東京大学文Ⅱに通っている学生はブスが多い?っていうやや失礼な語呂合わせ。

血漿浸透圧の正常値は280-290mOsm/Lであるが、これは肉汁(290)で覚える。ブスは顔と体があぶらぎっていて肉汁が豊富であるため。(ソースは自分)

引用元

医学語呂なう様から引用させていただきました。