譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

高齢者によく見られる精神症状4Dの語呂合わせ

高齢者の精神症状

高齢者によく見られる代表的な精神症状は4つあります。

意識障害(特に、せん妄):delirium
意識混濁を背景にした幻覚、妄想、興奮
認知症:dementia
認知障害の一種。正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態。*1
抑うつ:depression
気分が落ち込み活動を嫌っており、思考・行動・感情・幸福感に影響が出ている。*2
妄想:delusion
病的な状態から生じた誤った判断。*3

 

英語の頭文字は4つとも全てDであるため、4Dとして表されます。

 

4Dのゴロ合わせ

4Dとは「せん妄、認知症、抑うつ、妄想」のことです。以下が語呂合わせとなります。 

せん妄 → 仙

認知症 → 人(は)

抑うつ → よく

妄想  → 妄想(する) 

まとめたゴロは、

仙人はよく妄想する

仙人は亀仙人を想像します。亀仙人(高齢者)はスケベな妄想を頻繁にするイメージがあるので、この語呂合わせを思いつきました。