譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

パーキンソン病の四大症状の覚え方・語呂合わせ「無動,姿勢反射障害,安静時振戦,筋強剛」

パーキンソン病について

f:id:the_white_room:20171108231945g:plain

TOPページ|専門医が語る、早期発見と治療法|大日本住友製薬より引用

パーキンソン病とは中脳黒質の細胞が変性することによりドーパミンが不足し、体の運動に障害が起こる病である。主要症状は下記の四つの運動症状が認められる。

・無動

動くことができない。動作のスピードが遅い。

・姿勢反射障害

バランスを崩しやすくなる。前かがみになりやすい。転びやすい。

・安静時振戦

安静時に体の震えが見られる。

・筋強剛

筋肉がこわばる。力を抜いた状態で関節を他動させた際に抵抗がみられる。

四大症状の覚え方・語呂合わせ

四大症状(無動,姿勢反射障害,安静時振戦,筋強剛)の語呂合わせは以下の通り。

無動→蒸

姿勢反射障害→し

安静時振戦→焼

筋強剛→き

パーキンソン→パンケーキ

まとめた語呂合わせは蒸し焼きパンケーキ

【関連】脳卒中の主な症状はFASTで覚えるのが良い