譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

リング状増強効果(ring enhancement)がみられる疾患の覚え方・語呂合わせ

リング状増強効果がみられる疾患

f:id:the_white_room:20171204012553p:plain

http://遠隔画像診断.jp/archives/13148より引用

脳膿瘍ではリング状増強効果(ring enhancement)が見られる。リング状増強効果とはCT・MRIで腫瘍部分の周りに円状の増強効果が見られる所見のこと。脳膿瘍の他にも、膠芽腫や転移性脳腫瘍で見られる。

同じリング状とはいえ、脳膿瘍では膜の厚さが均一であるのに対し、膠芽腫と転移性脳腫瘍では不規則・不明瞭である。

リング状増強効果の覚え方・語呂合わせ

リング状増強効果がみられる疾患は膠芽腫、転移性脳腫瘍、脳膿瘍である。語呂合わせは以下の通り。

膠芽腫→皇

転移性脳腫瘍→帝

脳膿瘍→の

リング状増強効果→リング

まとめた語呂合わせは皇帝のリング。皇帝が被っている冠をイメージすればよい。