譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

倫理・政治経済のセンター対策!おすすめ参考書と勉強法

今回はセンター試験の科目の「倫理・政治経済」について書きます。

 

倫理・政治経済って?

センター社会は地理、日本史、世界史、倫理・政治経済の四科目で構成されています。倫理・政治経済はこの四つの中で唯一公民科目です。内容は倫理という教科と政治経済という教科を別々に学びます。

 

実際に試験を受ける際は問題の半分が倫理、残り半分は政治経済で構成されています。つまり全く異なる科目二つを一つに凝縮しています。以前は別々でしたが、カリキュラムの改訂により統合されました。

 

僕は三年次に倫理・政治経済を選択しました。地理も歴史もそれほど得意ではなかったので、この教科を選ぶことになりました。理系にとってセンターの社会科目を選ぶ際は、ある程度好みによるのではないでしょうか。

 

歴史、特に世界史は暗記量が非常に多いので大変かと思います。自分の学校では「社会の科目なんてどれでもいいよ~」って感じの人は地理や倫政を選ぶ傾向が強かったです。

 

倫理・政治経済の勉強計画

英語や数学などの他の科目に比べて、倫政では参考書をそんなに使いませんでした。勉強法としては学校の授業やプリントで理解し、暗記するという形をとっていたからです。問題集はセンター試験の過去問や、模試を受験すれば足りると思います。

 

法律は改正が重ねられていますから、昔の政経の過去問はあまりやる必要がないかもしれません。ですが演習量はたくさん設けるべきです。

 

日頃から真面目に授業を受け、センター40日前ぐらいからコツコツプリント、資料集や参考書をしっかり押さえていけば9割も夢じゃないです。

 

優秀な受験生の中には95点以上を取る方がいます。歴史や地理は膨大な暗記量をこなせば可能ですが、倫政ではある程度運要素が入ってきます。時事問題などを制さなければ満点近くを取ることができません。

 

特に伝えたいこと

僕は一年生の頃に現代社会の授業がありましたが、倫理・政治経済の授業が始まったのは三年生からです。実質一年間も勉強できていません。三年生はとにかく理科を完成させるのに忙しかったので、社会は二の次でした。

 

センターの比重が少ないから社会を捨てる方もいるでしょう。中高一貫校の受験生、よっぽど時間に余裕のある受験生以外はもっと他にもやることがあるのです。はっきり言って理系現役生は社会に十分な時間を当てる暇はないです

 

以上倫政について少しばかり書きました。センター社会を軽くdisってしまったお詫びに、この科目を学んでよかったことを紹介します!

 

政経は現代の法律、政治体制や経済を扱っています。時事問題にも詳しくなれるので、将来的に役立つことが多いです。

 

倫理は先人たちの思想・哲学を学ぶことができます。人間の幅を広げたり、自分の心の持ちようにゆとりを与える面を持ち合わせています。医学部でしばしば試験科目に課せられる小論文には、倫理の知識が役立つことも多いです。

 

おすすめ参考書

センター試験 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本

定番ですが、おすすめです。学校の授業を無視しても、この本だけでそこそこの点数を取れると思います。

 

学校の授業がダメだったり、センター直前になって受験科目を変更したけど勉強時間が全然ないよって人は使っても良いと思います。

 

倫理と政治経済のそれぞれ一冊を用意すれば、より詳しい内容が書かれているので細かいところまで手が届きます。すぐに読めると思うので何となく頭に残したい方にはおすすめです。

 

学校の先生はこの本に関して異常なほど否定的でしたが、使用しても全く後悔はありませんでした。

 

社会は細かい知識も必要となるけど、重要な所を覚えていないのにやっても本末転倒です。 一応立ち読みだけでもすることをオススメします。

 

以上です。