譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

なぜ人は生活レベルを一度あげてしまうと、下げることができないのか考察

生活レベルは下げることができない

f:id:the_white_room:20180204141658p:plain

自分が大好きな”ひろゆき”氏の名言のひとつに、「人間は生活レベルをあげてしまうと、元に戻すことができなくなる」という言葉があります。

ひろゆき氏といえば、元2ch管理人で多い時は年収数億円とも言われた人物です。しかし彼の生活は意外にも質素で、お金をあんまり使わないと聞きました。

なぜ彼が大金をあえて使わないかと言うと、「自分の周りで生活レベルをあげて、元に戻すことができた人を見たことがないから」というのが理由になるそうです。

たとえば今まで昼食代が500円だった人が、大金を稼ぐようになって1000円もする高級なランチを食べるようになってしまうと、もう500円の料理で満足できる可能性は低くなります。

別に500円と1000円でそこまで料理の質は変わらなくても、一度生活レベルをあげてしまうと二度と戻れなくなる傾向が人間には強いのです。

なぜ生活レベルを下げることが難しいのか

ここで「生活レベルを下げることが難しい理由」を自分なりに考えてみたので発表したいと思います。僕が出した結論は”所属するコミュニティから抜け出すのが難しいから”です。

たとえば医者のコミュニティを例に挙げます。病院の職場でも何でもいいのですが、仮に年収1000万円のお医者さんが集まっている集団だと仮定します。

その集団に所属するコミュニティでは日々、一緒に会話したり食事をすることがあると思うのですが、コミュニティに上手く馴染んで属するためには多数派の意見・価値観に迎合する必要があります。

多数派の意見・価値観というのは、つまり年収1000万円の人間の生活レベルのことになります。

たとえば今の様な高収入の人ばかりが所属する集団の飲み会や食事に誘われた時に、「すいません、最近お金がないんで参加することができません」とは断れません。

また、周りがベンツを始めとする高級車に乗っている中、自分1人だけが軽自動車に乗っていると若干浮いたような空気になると予想されます。

僕は四畳半一間のアパートに暮らし、軽自動車に乗ってスーパーのおつとめ品を買う生活をしたいのですが、周りに合わせるとなると多分無理そうです。。

以上の事から言えるのが、社会集団で浮かずに、なおかつ円滑に生きていくためには自分の生活レベルを仕方なく上げざるをえない、ということになります。

なので、自由な生き方ができる”ひろゆき氏”や、山に籠っている仙人でもないかぎり、ある程度お金を稼ぐようになると、高い生活レベルを維持しなければいけないのかなぁと自分は予想しています。。