譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

子宮頸がんとHPV(ヒトパピローマウイルス)の「6,11,16,18」型に関する覚え方・語呂合わせ

子宮頸がんについて

f:id:the_white_room:20180201211408p:plain

子宮頸がんとHPV(ヒトパピローマウイルス)は密接な関係があり、子宮頸がん患者の9割以上からHPVが検出される。

HPVは環状構造の二本鎖DNAウイルスである。2016年現在まで180種類以上の存在が確認されているようだが、代表的なものは「6,11,16,18」型である。

子宮頸がんの発がんリスクを分類すると、ハイリスクなものはHPV16型とHPV18型が多い。

また、尖圭コンジローマでは発癌性ハイリスクのHPV16,18型などが混合感染していることもあるが、基本的にはHPV6,11型が約90%を占める。

したがってまとめると、

子宮頸がんハイリスク→(16,18)

子宮頸がんローリスク→(6,11)

子宮頸がんとHPVの型に関する覚え方・語呂合わせ 

HPV16,18型は子宮頸がんのハイリスク因子である。これは「嫌な色」として覚える。

ハイリスク

→すごく嫌なイメージ

→いやないろ

→18 16

という原理である。

HPV6,11型は子宮頸がんのローリスク因子である。これは「良い色」として覚える。

ローリスク

→すごく良いイメージ

→いいいろ

→11 6

また、ローリスクと尖圭コンジローマは”ロー”が共通しているので関連付けて覚えることができる。