譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

Rage Against The Machineの曲「Sleep Now in the Fire」を紹介

Rage Against The Machine - Sleep Now in the Fire

Rage Against The Machine - Sleep Now in the Fire - YouTube

以前に書いたレッチリに続いて同じく米ミクスチャーロックバンド「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」を紹介します。略称はRATM、またはレイジです。

レイジはレッチリと出身国が同じで、同じようなジャンルなので比較されることも多いと思います。ただ、ラップ色ではレイジの方がかなり強いです。

決定的な違いは、レイジの曲の歌詞は殆どが政治的なメッセージを含むことです。

昔の話になりますが、2001年9月11日にアメリカ同時多発テロ事件が起きましたよね。その際に放送局は一部のアーティストの曲を、一時的に放送自粛する措置が取りました。

これがレイジにどういう影響があったのかというと、何と彼らが作ったすべての曲がメディアで放送されなくなりました。彼らの曲は歌詞が過激すぎたために、不謹慎だと捉えられたのです。

彼らの代表曲「Sleep Now in the Fire」は曲自体も良いのですが、何よりPVが面白いです。PVの監督は何とあのマイケルムーア監督。

f:id:the_white_room:20170618214137j:plain

マイケル・ムーア - Wikipediaより引用

 

彼の映画は見たことがなくても、ハリセンボンの近藤春菜のおかげで知っている方も多いでしょう。PVはニューヨーク証券取引所にて許可なく撮影されました。PVの最後には監督とバンドのメンバー全員が警察に連行されます。あまりにもロック過ぎる。

この曲のPVですが、実はドナルドトランプにも関りがあります。

動画の1:03ぐらいに「Dnald trump for president」と書かれた看板を持っている男の人が出てきます。

f:id:the_white_room:20170618213334p:plain

Rage Against The Machine - Sleep Now in the Fire - YouTubeより引用

 

トランプ現大統領は2016年に出馬して就任しましたが、実は2000年にも出馬していました。つまり当時彼の支持者だった男性が、このPVに写りこんでいたということになります。

まさかこのPVを撮影した当時はだれもトランプが大統領になるなんて思ってもみなかったでしょう。時代を感じるので面白いなぁと思います。

ところでレッチリがRHCPと略されるのに対し、レイジはRATMと向こうの国では略されるのでパッと見は結構似てます。どちらもすごく良いバンドです。名前がめちゃくちゃ長いけど。。

 

彼らのおすすめアルバムです↓ 是非チェックしましょう。