譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

手根骨の覚え方・語呂合わせ(近位・遠位)

手根骨とは

f:id:the_white_room:20171003223815j:plain

フィットネスの勧めより引用

手根骨とは手首の骨の事です。全部で八種類あり、近位列と遠位列に分かれます。

近位列:舟状骨,月状骨,三角骨,豆状骨

遠位列:大菱形骨,小菱形骨,有頭骨,有鉤骨

手根骨骨折において最も多いのが舟状骨骨折です。舟状骨は血行性に乏しく骨癒合しにくいので、非常に治りにくいと言われています。

手根骨の語呂合わせ(親指側から)

近位列(舟状骨,月状骨,三角骨,豆状骨)の覚え方

近位列→近くの 

舟状骨→船で

月状骨→月

三角骨→見し 

豆状骨→豆を食う

まとめた語呂合わせは、

近くの船で月見し豆を食う

遠位列(大菱形骨,小菱形骨,有頭骨,有鉤骨)の覚え方

遠位列→えーん、

大菱形骨→大量の 

小菱形骨→ショウリョウバッタに      

有頭骨→頭と

有鉤骨→鉤が有る。

まとめた語呂合わせは、

えーん、大量の少量バッタに頭と鉤が有る。

手根骨の語呂合わせ(番外編)

最後に大学の先輩から教えて貰った、豆状骨を基準にして反時計回り(時計回り)で覚える語呂合わせを紹介します。繰り返しますが、引用です。

f:id:the_white_room:20171003224406j:plain

*1

豆状骨→父

三角骨→さん

月状骨→月

舟状骨→収に

大菱形骨→大

小菱形骨→小

有頭骨→あると

有鉤骨→言うておこう

まとめた語呂合わせは、

父さん、月収に大小あると言うておこう