譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

糖尿病の合併症の語呂合わせ・覚え方

糖尿病の合併症について

f:id:the_white_room:20171013224419j:plain

https://www.sukoyakanet.pref.nara.jp/youjoukun/2312.htmlより引用

糖尿病とはインスリンの分泌能や感受性が低下して、高血糖となる疾患です。糖尿病には大きく分けて6個の合併症があります。

・糖尿病神経障害

高血糖によって神経細胞に異常をきたすため起こります。主として感覚・運動障害、自律神経障害です。

・糖尿病網膜症

糖尿病に罹ると網膜症が発生します。放っておくと失明のリスクがあり、我が国の失明原因の第二位です。(一位は緑内障)

・糖尿病腎症

腎臓の毛細血管が破壊され、生じます。尿が作れなくなると人工透析を導入する必要があり、我が国の透析導入の原因第一位です。

・壊疽(足病変)

神経障害や動脈硬化によって足の壊疽が起こります。早期発見が遅れると、足を切断しなければいけません。

・脳梗塞

動脈硬化によって血栓が生じやすくなります。脳の血管が血栓で詰まると壊死が起こり、脳梗塞となります。

・虚血性心疾患

脳梗塞と同様、動脈硬化が原因です。糖尿病になるとやはり血管に異常をきたし、心筋虚血に陥ります。

糖尿病の合併症の語呂合わせ

糖尿病の合併症は神経障害,網膜症,腎症,壊疽,脳梗塞,虚血性心疾患です。これを覚えるための語呂合わせは有名なものがあり、先日先輩に教えて貰ったのでここに紹介します。この語呂合わせでは「網膜症=目」として覚えます。

神経障害→し

網膜症(目)→め

腎症→じ

糖尿病→と

壊疽→え

脳梗塞→の

虚血性心疾患→き

まとめた語呂合わせはしめじとえのき