譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています

【鑑別診断】疾患の分類はVINDICATE!!!+Pで覚えれば良い

vindicateについて

鑑別診断で病気の原因を考えるには、疾患分類の有名な語呂合わせである「VINDICATE!!!+P」が役に立つ。

そもそもvindicateという英単語には「疑いを晴らす」や「無実を証明する」という意味がある。したがってこの英単語を医学に適用するならば「○○という病気ではないという疑いを晴らす」や「△△という病気であることを証明する」というように関連付けて覚えるのがよい。

VINDICATE!!!+Pについて

「VINDICATE!!!+P」とは疾患分類を英語で書いた頭文字を拾った語呂合わせである。以下、語呂合わせ。

Vascular 血管系

Infection 感染症

Neoplasm 良性・悪性新生物

Degenerative 変性疾患

Intoxication 薬物・毒物中毒

Congenital 先天性

Auto-immune 自己免疫・膠原病

Trauma 外傷

Endocrinopathy 内分泌系

!(I)atrogenic 医原性

!(I)diopathic 特発性

!(I)nheritance 遺伝性

Psychogenic 精神・心因性

医原性・特発性・遺伝性に関しては頭文字のIを!として覚える。

ほぼ全ての疾患がこの語呂合わせで網羅されているのでざっくり覚えたいときは非常に有用である。

【関連】患者の現病歴を聴取する際はOPQRSTUVがポイント