譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

医学部

東京医科大学の不正入試に関する自分の中立的な感想

東京医科大学の不正入試が話題になっている ※この記事内で、自分は不正入試に対し肯定も否定もしていません。 今、やたらと話題になっているニュースに東京医科大学の不正入試の件があります。そもそもこの話は、文部科学省の関係者のお子さんが入学できるよ…

各臓器への心拍出量の分配割合の覚え方・語呂合わせ

心拍出量について 人間の心拍出量は5 L/分である。そのうち、各臓器で受け取る血の割合は異なる。 脳→15% 肺→100% 肝臓→30% 腎臓→20% 冠動脈→5% 覚え方・語呂合わせ ・脳は15% 脳は感覚を司るので「脳でイこう!」で覚える。快感を味わっているイメー…

膀胱がんをきたす原因物質の覚え方・語呂合わせ

膀胱がんをきたす原因物質 膀胱がんをきたす代表的な物質は以下の通り。 ・オーラミン 蛍光染色に用いられる物質。 ・ナフチルアミン β-ナフチルアミンともいう。ゴム工業における抗酸化剤として利用されてきた。 ・ベンジジン 不溶性の顔料の合成に利用され…

体質性黄疸、直接or間接ビリルビンの覚え方・語呂合わせ

体質性黄疸について ビリルビン代謝過程において異常があると黄疸がみられる。体質性黄疸は原則的に治療が不要で、以下のようなものがある。 Gilbert症候群、Crigler-Najjar症候群、Dubin-Johnson症候群、Rotor症候群 Crigler-Najjar症候群は新生児期にみら…

ストックホルム症候群(Stockholm syndrome)とは何か。

譲治は音楽を聴くことが大好きです。先日、このような曲を聴きました。 Stockholm Syndrome ミューズ オルタナティブ ¥250 provided courtesy of iTunes イギリスのロックバンドMUSEのシングル「Stockholm syndrome」です。聞けば分かる通り良い曲ですが、曲…

「小児科」乳児と幼児の骨・歯の発達の覚え方・語呂合わせ

骨・歯の発達の覚え方 ・小泉門は生後2,3か月で閉鎖する。 「小」泉門なのでミニ。 ミニ→2,3か月 ・大泉門は生後1歳6か月で閉鎖する。 「大」泉門は広い。 ひ ろい→1歳6か月 ・乳歯は生後6か月に切歯から萌出する。 乳歯は生後6か月でむき始める むき始める→…

くも膜下出血(SAH)の合併症の覚え方・語呂合わせ

くも膜下出血(SAH)の合併症 くも膜下出血の合併症は、発症する時期によって種類が異なる。 ・急性期 → 再出血、急性水頭症 ・1~2週 → 脳血管攣縮(spasm) ・1か月~ → 正常圧水頭症 この三つの合併症の覚え方はすべて「S」がつく! と覚える。 つまり、 再…

年収1000万円の医者とサラリーマンを比較した時、医者が劣る理由

年収1000万円の医者とサラリーマン 年収1000万円の医者とサラリーマンがいるとする。 医者になれば年収1000万円は手堅いが、サラリーマンの場合は年収1000万に到達する人は少ない。 したがって目標を実現するための再現性が高いのは、圧倒的に医者である。 …

GFR見積もるために用いるもの(イヌリン、チオ硫酸ナトリウム、クレアチニン)の覚え方・語呂合わせ

GFR見積もるために用いるもの 糸球体濾過量(GFR)を見積もるためには、 イヌリン、チオ硫酸ナトリウム、クレアチニン を用いる。 これを覚えるための語呂合わせは、 イヌリン→犬に チオ硫酸ナトリウム→血を クレアチニン→くれ! まとめた語呂合わせは、「犬に…

日本の将来を担っているのは、地味に高校教師なのではないかと思う

自分は高校時代に、嫌な思い出がたくさんあります。そもそも学校自体が嫌いでしたし、同級生も嫌いでした。特に高校教師は、顔を見るだけで大嫌いでしたね。 そんなこんなで、卒業後は県外の大学に進学しました。嫌いな同級生がいる地元の大学に通いたくなか…

途中で亡くなった場合に、老後のための貯蓄(ideco)は本当に意味があるのかどうか

今日、いつものようにyoutubeを眺めていたところ、急上昇ランキング1位にフィッシャーズの動画が上がっていました。 動画の内容は,メンバーの一人のマサイ氏の母親が,1年前に亡くなっていたことを明かすという物でした。 マサイ氏は学年で言うと自分の2個上…

医学生が大学時代にやっておけばいい資産形成について

最近お金への興味が強くなってきました。どうやら自分は勉学よりも資産形成に関心があるようです。というわけで、今回は医学生がやるべき資産形成術について、紹介したいと思います。 ・クレジットカード発行 これは基本です。デビットカードでもOK。自分…

「営業マンが信頼を失う行為3つ」は、医師にとっても非常に重要である

野村証券の宋世羅 氏が参考になる 自分はYouTubeを見るのが好きで、いろんなジャンルの動画を普段視聴しています。 ある時、ふとしたきっかけから知ったのが宋世羅というYoutuberの存在でした。 彼は早稲田大学を卒業後、野村証券に勤め、現在は保険会社で働…

COVID-19の影響により2020年度post cc osceは中止になるのか?

どうやら2020年度のpost cc osceが中止になるらしい。 引用元 http://www.ajmc.jp/pdf/20200430.pdf 今年度予定されていたPost-CCOSCEの正式実施を来年度以降に延期することを要望いたします。 このpdfは全国医学部長病院長会議から、医療系大学間共用試験実…

射〇とうつ病(希死念慮)の関係性について非科学的に考察してみた

実体験に基づいて、とある仮説がある。それは、 「過度な射〇は、うつ病を引き起こすのではないか」ということ。 当たり前なのだが男性にとって本来は射〇とは、自分の子孫を残すための行為である。生物学的に人類の最終目標は子孫繁栄であり、射〇した時点…

コロナウイルスで大学の病院実習が今後どうなるのか考察した

自分は今、医学部6年生で病院実習に参加しています。しかし今回のコロナの影響で春休みが延長、実習開始が延期となりました。 実習再開のめどはGWの明けのようですが、実際に開始されるかどうかは不明です。実習の無い他の学年ではzoomを使った遠隔授業を…

初期研修は都会でするのか?地方でするのか?問題は交通手段で判断した

今の医学部マッチング情勢を見ていると、明らかに都会の人気が高まっています。特に東京は非常に人気です。定員と受験者数の比を取ると、倍率が約10倍以上のところもあります。 しかし、ここで疑問なのが一体なぜ、ここまで人気なのでしょうか。 たとえば東…

医学部のマッチングは国家試験よりも難しい

医学部のマッチング、すなわち就職試験は約70%~80%が第一志望の病院に就職できるとされています。 しかし全ての地域にこの数値が当てはまらず、倍率の低い地方はほぼ全員が第一志望にマッチ。都会の人気病院を志望する人は約半数の人が、第二希望・第三希…

5年生が113を解いてみた採点結果

前回は今年の医師国家試験(114)を解いてみました。結果は見事にボーダーの点数でした。 www.joji-study.com ただ、現時点で回数別に一つも手を付けてない状態だったので、ここから5年分過去問をやれば余裕を持って合格ラインを超えることができると踏んでい…

5年生が114を解いてみた採点結果

114医師国家試験が2/8-2/9にかけて行われました。先輩がた、お疲れ様でした。 前回の記事で書いた通り、ファーストインプレッションでどれだけ解けるか試したかったので、自分も今回といてみました。 この際に気を付けたことは、休み時間のTwitterをできるだ…

ファーストインプレッションで第114回がどれだけ解けるのか実験

後4日ぐらいで、114回医師国家試験が行われます。自分は115回受験生なので、いよいよ1年後に自分も受けるんだな・・・と緊張感を覚えます。 国試の対策は直近3年分が非常に重要になるので、当然ながら自分は114回の過去問を解きます。しかし直前期にただ解く…

就職先が決まっている人と無職のはざま

医学部に通っている人の中には、奨学金を借りている人がいます。その人たちは卒業後に決められた病院や土地で働くことを条件に、毎月お金を貰っています。 卒業後の進路が決まってしまうため、一部では否定的な考えを持つ人もいますが、毎月10万近くお金が貰…

5年テコム模試が終わったので、春メックまでの目標

以前、年明けの記事で、TECOM模試までに・夏メック復習・究極MAP周回・QB一周目問題を一周をこなすと宣言しましたが、無事達成できました。本来なら6年で受講するはずのマップをこの時期に勉強できたのは、かなりのアドバンテージだったのではないかと思いま…

テコムの5年生チャレンジ模擬試験を受けた

テコムの5年生チャレンジ模擬試験を受けました。昨年の11月にMECの5年生向け模試を受けたので、模試受験は今回が二度目になります。 模試を受ける目的は、現在の自分の立ち位置や、勉強の進捗状況、国試のタイムスケジュールに体を慣らせることだと思います…

医師国家試験予備校の講師についての印象、雑感

医学部四年生〜五年生になると、医師国家試験の予備校、つまりビデオ講座を契約します。それぞれに個性があるので、人によって好みは分かれます。先生との相性はしっかりと考えた方がいいです。 大事なのは、友達が選ぶから自分も同じにするという受動的な態…

2020年の目標、医師国家試験に向けての計画

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 2017年から始めた当ブログですが、最近はすっかり更新頻度も落ち、存在すら忘れかけていました。 普段の生活が忙しく、ブログの優先順位はどんどんと下がっていき、更新できない日々が続いて…

医学部の人間関係について難しいと感じること

医学部はだいたいのどの大学も100~130人ぐらい一学年にいると思います。この少人数で6年間ずっと一緒にいなきゃいけないので、非常に閉鎖的だと思います。 いわば小さな村なので、プライベートというものが存在しません。自分の個人的な情報は話したこともな…

同級生と仲良くしたいのか、したくないのか分からなくなってきた

最近たまに飲み会に誘われるんですが、正直言って僕は人と話すのがとても苦手なので困っています。ただ、いろいろと情報を集めることは重要だし、何かあった時に頼れる人がいないと困るからできるだけ人と関わるようにはしています。 先日あった飲み会で話し…

医学部女子のモテ度と、ポイする男

医学部に長い間いると、やれあいつがあの子と付き合ってるだの別れただの情報をいろいろと聞きます。本人の口から一度も聞いたことはないし、彼らがその場にいないけど第三者からカップル誕生から破局までの道のりを飲み会で聞いたこともあります。 そんなわ…

MECのサマライズは本当に必要なのかどうかという雑感

毎年10月末に配信開始されるのがMECのサマライズ。MEC1番の人気講師ksrが務めるこのビデオ講座は本当に当たるらしく、中には内部流通者がいるのではないかと噂になっていました。 受験生のほとんどが受講していたこのサマライズですが、最近は人気に陰りを見…