譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

医学部- 語呂合わせ

各臓器への心拍出量の分配割合の覚え方・語呂合わせ

心拍出量について 人間の心拍出量は5 L/分である。そのうち、各臓器で受け取る血の割合は異なる。 脳→15% 肺→100% 肝臓→30% 腎臓→20% 冠動脈→5% 覚え方・語呂合わせ ・脳は15% 脳は感覚を司るので「脳でイこう!」で覚える。快感を味わっているイメー…

膀胱がんをきたす原因物質の覚え方・語呂合わせ

膀胱がんをきたす原因物質 膀胱がんをきたす代表的な物質は以下の通り。 ・オーラミン 蛍光染色に用いられる物質。 ・ナフチルアミン β-ナフチルアミンともいう。ゴム工業における抗酸化剤として利用されてきた。 ・ベンジジン 不溶性の顔料の合成に利用され…

体質性黄疸、直接or間接ビリルビンの覚え方・語呂合わせ

体質性黄疸について ビリルビン代謝過程において異常があると黄疸がみられる。体質性黄疸は原則的に治療が不要で、以下のようなものがある。 Gilbert症候群、Crigler-Najjar症候群、Dubin-Johnson症候群、Rotor症候群 Crigler-Najjar症候群は新生児期にみら…

「小児科」乳児と幼児の骨・歯の発達の覚え方・語呂合わせ

骨・歯の発達の覚え方 ・小泉門は生後2,3か月で閉鎖する。 「小」泉門なのでミニ。 ミニ→2,3か月 ・大泉門は生後1歳6か月で閉鎖する。 「大」泉門は広い。 ひ ろい→1歳6か月 ・乳歯は生後6か月に切歯から萌出する。 乳歯は生後6か月でむき始める むき始める→…

くも膜下出血(SAH)の合併症の覚え方・語呂合わせ

くも膜下出血(SAH)の合併症 くも膜下出血の合併症は、発症する時期によって種類が異なる。 ・急性期 → 再出血、急性水頭症 ・1~2週 → 脳血管攣縮(spasm) ・1か月~ → 正常圧水頭症 この三つの合併症の覚え方はすべて「S」がつく! と覚える。 つまり、 再…

GFR見積もるために用いるもの(イヌリン、チオ硫酸ナトリウム、クレアチニン)の覚え方・語呂合わせ

GFR見積もるために用いるもの 糸球体濾過量(GFR)を見積もるためには、 イヌリン、チオ硫酸ナトリウム、クレアチニン を用いる。 これを覚えるための語呂合わせは、 イヌリン→犬に チオ硫酸ナトリウム→血を クレアチニン→くれ! まとめた語呂合わせは、「犬に…

モルヒネの副作用の覚え方・語呂合わせ

モルヒネの副作用について モルヒネは終末期の患者の疼痛管理も苦的に用いられるが、副作用に注意する必要がある。 その副作用とは、 ・嘔吐 ・便秘 ・眠気 ・呼吸抑制 の四つが代表的である。引っ掛け選択肢として下痢、として出題されることもあるので区別…

グラム染色(クリスタルバイオレット・ルゴール・アルコール・サフラニン)の手順の覚え方・語呂合わせ

グラム染色の手順について グラム染色は大きく分けて4つの手順がある。 ・クリスタルバイオレットで染色する ・ルゴール液で処理する ・アルコールで脱色する ・最後にサフラニンで染色する この手順は過去に国試でも出題されているので押さえて置く必要があ…

グラム陽性か、陰性化の簡単な覚え方・語呂合わせ

グラム陽性・陰性について グラム染色で赤色か紫色でまず鑑別する。 ・むらさき→陽性 ・あかい→イ→陰性 陰性は「イ」繋がりで暗記する。 仮に陽性だった場合、 ・グラム陽性球菌だったら○○球菌で「球」が付く ・グラム陽性桿菌だったら○○リ〇で「リ」が付く …

アルコール消毒が有効なウイルスの覚え方・語呂合わせ

アルコール消毒について アルコール消毒が有効なウイルスは、エンベロープがあるウイルスである。 ・ヘルペスウイルス ・HIV(エイズウイルス) ・B型肝炎ウイルス ・インフルエンザウイルス これの覚え方は「HEBI」である。 エンベロープから細長いイメー…

マイコバクテリウム属は抗酸菌である、についての覚え方・語呂合わせ

マイコバクテリウム属について 結核菌を含む、マイコバクテリウム属に属する細菌は抗酸菌と呼ぶ。 これの覚え方は「参りました、降参です」 マイコバクテリウム属 → 参りました 抗酸菌 → 降参です といった具合である。 過去記事 www.joji-study.com www.joj…

広範なリンパ節腫脹を来たすのは細菌性?ウイルス性?に関する覚え方・語呂合わせ

広範なリンパ節腫脹について 細菌性かウイルス性かの鑑別は重要である。 ウイルス性といえば肝脾腫・広範なリンパ節腫脹が特徴的である。 細菌性でもリンパ節腫脹があるが、ウイルスにくらべて限局する。 このイメージの仕方であるが、 「ウイルスの方が細菌…

IgE・好酸球に関するサイトカインについての覚え方・語呂合わせ

IgE・好酸球について IgEはIL-4によって産生促進する これは「IgE→Eは4画 」で覚える。 好酸球はIL-5によって増殖される これは「好酸球→いちご→IL-5」で覚える。 イチゴは酸っぱいから、好酸球であるというイメージ。 過去記事 www.joji-study.com www.joji…

Th2・マクロファージが産生するサイトカインの覚え方・語呂合わせ

Th2が産生するサイトカイン Th2が産生するサイトカインはIL-4,5,10 これは「君に仕事交代」で覚える。 Th2→君に IL-4→し IL-5→ご IL-10→と 抗体→交代 といった具合。 マクロファージが産生するのはサイトカイン マクロファージが産生するのは、IL-1,2,8,12,I…

免疫グロブリン(IgG,IgA,IgM,)のサブクラスなどについての覚え方・語呂合わせ

免疫グロブリンについて 免疫グロブリンはIgG,IgM,IgA,IgD,IgEの5種類がある。 ・IgGのサブクラスは4つある 「G→C→シ→4→サブクラス4つ」 ジーとシーの語感が似ているから、これで覚える ・IgAのサブクラスは2つある 「IgA→ひっくり返すとV→2本→2量体」 A…

CD3・CD4を発現する細胞の覚え方・語呂合わせ

T細胞のCDについて ・全てのT細胞はCD3を発現する。 これは「Tcell → tri→ 3」で覚える Tからトリ(3)を想起する。 ・ヘルパーT細胞はCD4を発現する。 これは「へ→反時計回りに回転させる→ しになる→4」で覚える。 過去記事 www.joji-study.com www.joji-…

抗原提示細胞(樹状細胞・B細胞・マクロファージ)の覚え方・語呂合わせ

抗原提示細胞について 以下の中で、抗原提示細胞はどれですか?みたいな設問をたまに見かける。 ・樹状細胞 ・B細胞 ・マクロファージ なのだが、なかなか覚えられないので無理やり覚え方を考えました。 覚え方は「提という漢字を分解する」です。 提 ・提の…

IgA血管炎とvon willebrand病で低下する凝固因子の覚え方・語呂合わせ

IgA血管炎について IgA血管炎はIgAによる免疫複合体が全身に炎症をきたす疾患である。 この疾患の特徴で、第13凝固因子の低下がみられる。 この13という数字の覚え方は、 「伊丹十三→IgA(いが)み十三(じゅうぞう」) で覚える。 伊丹十三は日本の映画監督で…

凝固因子が共通系・外因系・内因系のどれかを覚える方法・語呂合わせ

血液凝固因子について http://www.3nai.jp/weblog/entry/28729.htmlより引用 凝固因子は共通系・外因系・内因系の3つの種類があります。 ・共通系には1,2,5,10番目の凝固因子があります。 これは「1×2×5=10」という計算式を覚えてください。 ・次の外因系は…

ビタミンB12が欠乏までかかる時間の覚え方・イメージの仕方

ビタミンB12について ビタミンB12はDNA合成のために必要な栄養素である。 消化管切除後に、ビタミンB12が欠乏し巨赤芽球性貧血をきたすパターンは有名である。 このビタミンB12だが、人間の体内には約5mgのストックがあるため、しばらく摂取しなくても欠乏し…

Hbの正常値・Hbの鉄含有率・鉄がHb内部に存在する割合についての覚え方・語呂合わせ

Hb(ヘモグロビン)について Hb(ヘモグロビン)は血液中のタンパク質で、酸素に結合して運搬する能力がある。 Hbの正常値は12~18である。 これはHbの別の読み方がハーベーなので、「ハ→8」だから 正常上限は18であるとイメージできます。 www.joji-study.com ↑…

体内の総鉄量・1日鉄摂取量の覚え方・語呂合わせ

体内の総鉄量について 人間の体内総鉄量は3~4gです。 自分はこれを思い出すときに、「ジョジョのスタンド」を思い浮かべるようにしています。 漫画「ジョジョの奇妙な冒険第5部」にはリゾットというキャラが登場します。 このリゾットの特殊能力「メタリカ…

視床下部疾患(Kallman・Prader-Willi・Frojlich・Laurence-Moon・Chiari-Frommel)の覚え方・語呂合わせ

視床下部疾患について 視床下部疾患はたくさんありますが、それほど出題頻度が高くないので適当な語呂を暗記して片付けましょう。 ・Kallman症候群 「カルマン→嗅ぐマン→嗅覚」 よって嗅覚障害あり。 また、「マン→男性→性腺機能」から、性機能も障害がある…

グルコース・グリコーゲン・グルカゴンの違いが分かりづらい(覚え方・語呂合わせ)

自分は医学部高学年なのに、グルコース・グリコーゲン・グルカゴンの違いを未だに説明することができません。 というわけで今回は改めて整理してみました。 結論を述べると流れとして、肝臓に貯蔵されたグリコーゲンを、グルカゴンの刺激によって分解し、血…

カルシトニンはカルシウムを上昇させる?or低下させるかが紛らわしい(覚え方・語呂合わせ)

カルシトニンとカルシウムについて 勉強していると、カルシトニンが「血中カルシウムを上昇させるのかor低下させるのか」が紛らわしく、混乱します。 結論、カルシトニンは血中カルシウムを低下させます。 非常に紛らわしいですが、 「カルシトニン→カルシウ…

ノルアドレナリンは、α作用またはβ作用のどっちが強いかの覚え方・語呂合わせ

ノルアドレナリンは、α作用またはβ作用? ・ノルアドレナリンは血管収縮などα作用が強い。 ・一方でアドレナリンは心収縮・気管支平滑筋弛緩などβ作用が強い。 これの覚え方を以下に紹介する。 まず、「ノルアドレナリンはノルファ!」で強引に覚える。 ノル…

血算・免疫学・血ガス・凝固・尿・生化学の基準値の覚え方語呂合わせ

基準値と、その覚え方・語呂合わせをまとめてみました。 血算 ・白血球は5000~8000 「白→紅白歌合戦→こーはく→5と8」 好酸球は1~5% 「酸→すっぱい→イチゴ→1~5」 単球は2~8% 「たんき(単球)さん、ニヤッ(2~8)としてよ」 リンパ球は30~40% 「立派(…

Fanconi症候群の原因と尿細管アシドーシスの関係についての覚え方・語呂合わせ

Fanconi症候群について ・Fanconi症候群では近位尿細管が障害される。 Fanco「ni」→ニ→ニア→近 ということから類推することが可能。 ・また、尿細管アシドーシスも合併するが、 Fanco「ni」→ニ→2型RTA というようにⅠ型とⅡ型の区別をすることも可能。 ・カド…

ループス腎炎の予後因子(補体価・尿蛋白)の覚え方・語呂合わせ

ループス腎炎の予後因子について ループス腎炎では全身性エリテマトーデス(SLE)にてみられる腎炎のことである。 光顕にてwire loop lesionが見られることも重要。 予後因子は2つあり、 ・補体価 ・尿蛋白 である。 この2つの覚え方は「糸がループするのはボ…

巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)の好発年齢から、原因疾患を予測するための覚え方・語呂合わせ

巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)について FSGSについて覚えるべきことは。 ・好発年齢が若年者 ・原因にHIVとヘロインがある ・予後が悪い ということである。 覚え方・語呂合わせ まず大前提として、「FSGSの好発年齢は若年者!」であると必ず覚える。 そして…