譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

医学部- 語呂合わせ

各臓器への心拍出量の分配割合の覚え方・語呂合わせ

心拍出量について 人間の心拍出量は5 L/分である。そのうち、各臓器で受け取る血の割合は異なる。 脳→15% 肺→100% 肝臓→30% 腎臓→20% 冠動脈→5% 覚え方・語呂合わせ ・脳は15% 脳は感覚を司るので「脳でイこう!」で覚える。快感を味わっているイメー…

膀胱がんをきたす原因物質の覚え方・語呂合わせ

膀胱がんをきたす原因物質 膀胱がんをきたす代表的な物質は以下の通り。 ・オーラミン 蛍光染色に用いられる物質。 ・ナフチルアミン β-ナフチルアミンともいう。ゴム工業における抗酸化剤として利用されてきた。 ・ベンジジン 不溶性の顔料の合成に利用され…

体質性黄疸、直接or間接ビリルビンの覚え方・語呂合わせ

体質性黄疸について ビリルビン代謝過程において異常があると黄疸がみられる。体質性黄疸は原則的に治療が不要で、以下のようなものがある。 Gilbert症候群、Crigler-Najjar症候群、Dubin-Johnson症候群、Rotor症候群 Crigler-Najjar症候群は新生児期にみら…

「小児科」乳児と幼児の骨・歯の発達の覚え方・語呂合わせ

骨・歯の発達の覚え方 ・小泉門は生後2,3か月で閉鎖する。 「小」泉門なのでミニ。 ミニ→2,3か月 ・大泉門は生後1歳6か月で閉鎖する。 「大」泉門は広い。 ひ ろい→1歳6か月 ・乳歯は生後6か月に切歯から萌出する。 乳歯は生後6か月でむき始める むき始める→…

くも膜下出血(SAH)の合併症の覚え方・語呂合わせ

くも膜下出血(SAH)の合併症 くも膜下出血の合併症は、発症する時期によって種類が異なる。 ・急性期 → 再出血、急性水頭症 ・1~2週 → 脳血管攣縮(spasm) ・1か月~ → 正常圧水頭症 この三つの合併症の覚え方はすべて「S」がつく! と覚える。 つまり、 再…

フィッシャー比と芳香族アミノ酸の覚え方・語呂合わせ

フィッシャー比とは フィッシャー比とは、分枝鎖アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)と、芳香族アミノ酸(フェニルアラニン・チロシン)のモル比のことである。 分岐鎖アミノ酸は、またの名をBCAAという。筋トレしている人ならサプリとして摂取したこ…

疾患が脳のどこの部位に病変をきたすかシリーズ(覚え方・語呂合わせ)

脳に病変をきたす疾患 ・wernicke脳症は脳室周囲に病変がある wernicke→walk around→ 周囲 歩き回るでイメージ。 ・一酸化炭素中毒は淡蒼球に病変がある 一酸化たんそう→一酸化淡蒼→淡蒼球 「タンソ」が共通していて、これは覚えやすい。 ・単純ヘルペス脳炎…

JAK2遺伝子変異・巨大脾腫・dry tap・LEB・巨大血小板をきたす疾患の覚え方・語呂合わせ

原発性骨髄線維症(PMF)のキーワード 原発性骨髄線維症のキーワードは JAK2遺伝子変異・巨大脾腫・dry tap・LEB(白赤芽球症)・巨大血小板である。 これらを来すPMFと、他の鑑別疾患を覚えるための語呂合わせを考案したのでここに紹介する。 ・JAK2遺伝子変異…

半月体形成をきたす疾患の覚え方・語呂合わせ

半月体形成きたす疾患 急速進行性糸球体腎炎(RPGN)は、光学顕微鏡にて半月体形成をみることが多い。 半月体形成腎炎をみる疾患で代表表的な三つは以下の通り。 ・顕微鏡的多発血管炎(MPA) ・多発血管炎性肉芽腫症(GPA) ・Googpasture症候群(GPS) である。 覚…

川崎病の診断基準(主要症状)の覚え方・語呂合わせ

川崎病の診断基準(主要症状) 川崎病診断の手引き 改訂第 6 版 (2019 年 5 月)によると主要症状は6個あり、以下の通り。 1. 発熱 2. 両側眼球結膜の充血 3. 口唇、口腔所見:口唇の紅潮、いちご舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤 4. 発疹(BCG 接種痕の発赤を含…

「感染症」代表的な培地の覚え方・語呂合わせ

病原体の培養について 検体は一般培地である程度培養した後、病原体ごとに適する環境の培地で培養し、特定する。 代表的な培地は下のようになる。 ・小川培地 → 結核菌 ・SS寒天培地 → 赤痢菌、サルモネラ属菌 ・Skirrow培地 → カンピロバクター ・ボルデー…

濃度依存性の抗菌薬の覚え方・語呂合わせ

濃度依存性の抗菌薬 濃度依存性の抗菌薬は、血中の抗菌薬の濃度が高ければ高いほど強い殺菌効果を示す抗菌薬である。したがって一気に抗菌薬を投与し、短期決戦で殺菌するイメージ。 代表例はニューキノロン系、アミノグリコシド系 一方で時間依存性の抗菌薬…

上顎神経の枝の覚え方・語呂合わせ

上顎神経とその枝について 上顎神経 - Wikipediaより引用 上顎神経とは、三叉神経の第2枝の神経のことである。三叉神経から分岐した後、蝶形骨大翼の正円孔を通って翼口蓋窩に到達する。 上顎神経の枝は 「翼口蓋神経、翼口蓋神経節、眼窩下神経、(上顎神経)…

肝排泄性の抗菌薬の覚え方・語呂合わせ

肝排泄性の抗菌薬 抗菌薬は腎排泄性のものが多いが、中には肝排泄性のものもある。代表的なものは、以下の通り。 クロラムフェニコール、マクロライド、テトラサイクリン、リンコマイシン、リファンピシン、メトロニダゾール である。 語呂合わせは「クロマ…

ヘリコバクターピロリ(H.pyrolli)の治療薬の覚え方・語呂合わせ

ヘリコバクターピロリ(H.pyrolli) ピロリ菌はヒトの胃粘膜に生息する、らせん型のグラム陰性微好気性細菌。胃や十二指腸の炎症やがんに関わっている。 除菌には PPI(プロトンポンプインヒビター)+アモキシシリン+クラリスロマイシン の3剤を併用する。内服が…

血清フェリチンが高値となる3つの疾患の覚え方・語呂合わせ

血清フェリチンについて 血清フェリチンは、採血検査において生体内の鉄貯蔵量を反映する項目である。 血清フェリチンの上昇は、鉄が過剰に体内に蓄積された状態を示唆する。 血清フェリチンが高値となる代表的な3つの疾患は ・成人Still病(関節炎・皮疹・高…

電子保存の三原則(真正性・保存性・見読性)の覚え方・語呂合わせ

電子保存の三原則(真正性・保存性・見読性) 医学部の実習では、学生も電子カルテを使用することがあると思う。その際に押さえて置きたいのが電子保存の三原則である。三原則は真正性・保存性・見読性がある。 ・真正性 正当な人が記録し確認された情報に関し…

レジオネラ・肺炎球菌の染色に関する覚え方・語呂合わせ

レジオネラ・肺炎球菌について 以前もレジオネラ・肺炎球菌についての記事を書いた↓ www.joji-study.com 今回もそれに続いた形の語呂を紹介する。 肺炎球菌性肺炎の喀痰は鉄錆色。 ・肺炎球菌(はいえんきゅうきん)→廃液→てつさび 廃液は汚く、工業的なイメー…

メタボリックシンドロームの診断基準(必須項目・選択項目)の覚え方・語呂合わせ

メタボリックシンドロームの診断基準 必須項目は ウエスト周囲 男性≧85cm 女性≧90cm 選択項目は ・空腹時血糖≧110mg/dl ・収縮期血圧≧130mmHg or 拡張期血圧≧85mmHg ・HDL-C<40mg/dl or TG≧150mg/dl のうち2つ以上でメタボリックシンドロームと診断される …

妊婦に使用可能な薬剤の覚え方・語呂合わせ

妊婦に使用可能な薬剤 ・抗菌薬 使用可能なのはセフェム・ペニシリン・カルバペネム・マクロライド 自分は禁忌をこのように覚えている↓ ニューキノロン→ニュー奇ノロン→催奇形性 アミノグリコシド→ア耳グリコシド→聴神経障害 テトラサイクリン→テトラポッド(…

尿中抗原検出法を用いる肺炎の起炎菌の覚え方・語呂合わせ

尿中抗原検出法の覚え方・語呂合わせ 肺炎球菌とレジオネラは重症肺炎を起こしやすい。 尿中抗原検出法は、市中肺炎の原因として最多の肺炎球菌や、通常の検査では診断が困難なレジオネラの鑑別ができる。 尿中抗原検出法を用いる菌は?という口頭試問にパッ…

肝炎で上昇する免疫グロブリンの覚え方・語呂合わせ

肝炎の免疫グロブリン 肝炎で上昇する免疫グロブリンは大きく分けて三種類あり、IgG,IgA,IgM が代表的である。 ・自己免疫性肝炎、または自己免疫性膵炎ではIgGが上昇する これは 自→じ→IgG として覚えれば良い。 ・アルコール性肝炎ではIgA が上昇する これ…

気管内投与可能な薬物の覚え方・語呂合わせ

気管内投与可能な薬物 心肺停止患者へのアドレナリン投与経路は、 第1選択が経静脈、第2選択が骨髄、第3選択が気管内 である。 ほか、気管内に投与可能な薬物はアドレナリンに加えて 「バソプレシン、アトロピン、ナロキソン、リドカイン」」である。 覚え方…

妊娠糖尿病の診断基準の覚え方・語呂合わせ

妊娠糖尿病の診断基準 妊娠糖尿病の診断には75gブドウ糖負荷試験を行う。診断基準は2010年7月に改定された。 ・空腹時血糖で 92mg/dl以上 ・1時間後の血糖値で 180mg/dl以上 ・2時間後の血糖値で 153mg/dl以上 この3つのうち、1つ以上当てはまったら妊娠…

小児の発達の覚え方・語呂合わせ

小児の発達の覚え方・語呂合わせ 「ニコッと笑う」あやし笑い 2か月 「ツーいし」追視 2ヶ月 『モロ師岡』Moro反射 4か月(消失) 「しっかり首が座る」頚定 4ヶ月 「ごろごろ寝返り」 5,6ヶ月 「なやんでお座り」 7ヶ月 「人みしり」み=3 し=4 3+4=7ヶ月で人…

精神依存、身体依存をたきたす薬物の覚え方・語呂合わせ

身体依存する薬物 精神依存:薬物使用を辞めた際に不快感、喜びの喪失、不安が引き起こされている状況 身体依存:断薬や減量のために、離脱による否定的な身体症状を生じさせる状態 薬物は基本的に精神依存である。しかし中には身体依存をきたすものもある。…

ペースメーカーと植え込み型除細動器(ICD)の違いのイメージの仕方

※内容の正確性は保証できません。 ペースメーカーと植え込み型除細動器(ICD)の違い ペースメーカーは徐脈に対する治療を行う。 一方、ICDは徐脈に対するペーシング機能だけでなく、危険性の高い不整脈(心室頻拍、心室細動)に対する治療を行う機器。 また、機…

僧帽弁狭窄症(MS)で聴取する音の覚え方・語呂合わせ

僧帽弁狭窄症(MS)について 僧帽弁狭窄症は、僧帽弁が石灰化などにより狭窄する疾患である。 この疾患において聴取される音としては、 拡張期ランブル、Opening Snap、Graham-Steell雑音 が代表的である。 ・拡張期ランブル 拡張期は僧帽弁が開く。しかし狭窄…

粘血便をきたす細菌感染症の覚え方・語呂合わせ

粘血便をきたす細菌感染症 症状として粘血便をきたす細菌は 「サルモネラ、カンピロバクター、赤痢菌」 覚え方は頭文字を取って猿岩石 サル サルモネラ カン カンピロバクター セキ 赤痢菌 である。

HLA(27,51,54)のタイプの覚え方・語呂合わせ

HLAのタイプについて ・強直性脊椎炎はHLA-B27 2を上に、7を下にくっつけると「ゆみへん」のできあがり。 弓→強をイメージする。 ・びまん性汎細気管支炎はHLA-B54 下ネタだが、『マンマンごしごし』で覚える。 →びまん(マンマン)、ごしごし(54) ・Behce…