譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

医学部-いろいろ

語呂合わせ以外の記事です。医学部生活や勉強のまとめ等。

東京医科大学の不正入試に関する自分の中立的な感想

東京医科大学の不正入試が話題になっている ※この記事内で、自分は不正入試に対し肯定も否定もしていません。 今、やたらと話題になっているニュースに東京医科大学の不正入試の件があります。そもそもこの話は、文部科学省の関係者のお子さんが入学できるよ…

ストックホルム症候群(Stockholm syndrome)とは何か。

譲治は音楽を聴くことが大好きです。先日、このような曲を聴きました。 Stockholm Syndrome ミューズ オルタナティブ ¥250 provided courtesy of iTunes イギリスのロックバンドMUSEのシングル「Stockholm syndrome」です。聞けば分かる通り良い曲ですが、曲…

就職先が決まっている人と無職のはざま

医学部に通っている人の中には、奨学金を借りている人がいます。その人たちは卒業後に決められた病院や土地で働くことを条件に、毎月お金を貰っています。 卒業後の進路が決まってしまうため、一部では否定的な考えを持つ人もいますが、毎月10万近くお金が貰…

5年テコム模試が終わったので、春メックまでの目標

以前、年明けの記事で、TECOM模試までに・夏メック復習・究極MAP周回・QB一周目問題を一周をこなすと宣言しましたが、無事達成できました。本来なら6年で受講するはずのマップをこの時期に勉強できたのは、かなりのアドバンテージだったのではないかと思いま…

テコムの5年生チャレンジ模擬試験を受けた

テコムの5年生チャレンジ模擬試験を受けました。昨年の11月にMECの5年生向け模試を受けたので、模試受験は今回が二度目になります。 模試を受ける目的は、現在の自分の立ち位置や、勉強の進捗状況、国試のタイムスケジュールに体を慣らせることだと思います…

医師国家試験予備校の講師についての印象、雑感

医学部四年生〜五年生になると、医師国家試験の予備校、つまりビデオ講座を契約します。それぞれに個性があるので、人によって好みは分かれます。先生との相性はしっかりと考えた方がいいです。 大事なのは、友達が選ぶから自分も同じにするという受動的な態…

2020年の目標、医師国家試験に向けての計画

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 2017年から始めた当ブログですが、最近はすっかり更新頻度も落ち、存在すら忘れかけていました。 普段の生活が忙しく、ブログの優先順位はどんどんと下がっていき、更新できない日々が続いて…

医学部の人間関係について難しいと感じること

医学部はだいたいのどの大学も100~130人ぐらい一学年にいると思います。この少人数で6年間ずっと一緒にいなきゃいけないので、非常に閉鎖的だと思います。 いわば小さな村なので、プライベートというものが存在しません。自分の個人的な情報は話したこともな…

同級生と仲良くしたいのか、したくないのか分からなくなってきた

最近たまに飲み会に誘われるんですが、正直言って僕は人と話すのがとても苦手なので困っています。ただ、いろいろと情報を集めることは重要だし、何かあった時に頼れる人がいないと困るからできるだけ人と関わるようにはしています。 先日あった飲み会で話し…

医学部女子のモテ度と、ポイする男

医学部に長い間いると、やれあいつがあの子と付き合ってるだの別れただの情報をいろいろと聞きます。本人の口から一度も聞いたことはないし、彼らがその場にいないけど第三者からカップル誕生から破局までの道のりを飲み会で聞いたこともあります。 そんなわ…

のどに刺さった魚骨の恐ろしさと、内視鏡で抜いたほうがいいのか問題

研修医の時内視鏡で、食道を貫通していた魚骨があり、上司に「これ、抜いたほうがいいっすかね?」と聞いたら「バカ言え、手術の可能性もある」となりCT→開胸手術大動脈にも刺さっていて、抜いたらそこからピュッと出血したとの外科の先生怖い話ですね — さ…

人のふり見て我がふり直せ

今日はとある同級生の悪口を聞く機会があった。彼の特徴を書いていく。 もしこの記事を見てる学生がいたら、俺と一緒に我がふり直そう。 ・ツイッターで同級生の悪口を書くな ・実習班の文句を漏らすな ・対して頭良くないくせにいきがんな ・ブスと付き合っ…

隙あらば自分語りをしないように

僕が普段から掲げている目標に「自分語りをしない」というものがある。 人と一緒にいて全く言葉を交わさないのも変だけど、相手に隙も与えずひたすらしゃべりまくるのも十分変だよね。 つまらないことをさも面白い事かの様に、楽しそうに話してくる人がいる…

10年間の地域枠生活

地域枠で入学すると、大学に残る義務が発生する。期間は10年ほど。 順風満帆で進んでも33とか、34の年。 よく、地域枠で入っても専門医を取ったらさっさと医局やめるみたいな構想立ててる人いるけど、この年齢で本当に可能かなぁ? この年になると既に結婚し…

病院見学の反省2

今日感じたことを何点か。 病院見学先は、普通〜人気病院がおすすめ。 自分は低脳なので、いわゆる 定員割れの病院 しか拾ってもらえないんじゃないかと考えてました。なので中間公表でそのような病院をリストアップし、見学の予定を立てました。しかし本日…

病院見学の反省1

・前日入りしたが新幹線の中で眠ってしまった →夜寝付けなくなり、翌日の見学に支障が出た ・舐めプして、病院の場所を調べなかった →しっかりGoogleマップで確認しておけばよかったと後悔 ・スーツの着方を工夫すればよかった →汗を大量にかいてしまった ・…

自分が医師になったときに、学生をちゃんと指導できるかが不安

この前Twitterで、とある研修医の方が「あなたに教えて何のメリットがあるの?」と上の先生に言われた、というツイートを見かけました。 リプ欄を見てみると、その研修医の方に同情する意見がたくさん集まっていました。 僕も研修医の方は気の毒だったと思い…

センター試験に潜む魔物、試験官へのチクり、AO入試

センター試験の思い出 以前もセンター試験の体験談を書いたが、復刻版として今回も掲載。 自分がセンター試験を受けたのは数年前で記憶はあやふやだし、もうすぐこの試験自体が廃止になるのであんまり意味ないと思うが記録しておく。 医学部受験生にとってセ…

医学部では地域枠同士で付き合うのがベストだと思う

付き合う目的は人それぞれだけど、中には今の相手と結婚したいと考える人が一定数はいると思う。そんな人に勧めたいのが、初期研修先が同じ地域の人を相手に選ぶこと。特に地域枠なら、大学県に残ることが確定しているので地域枠同士でカップルになるのが一…

医学部入試において一般枠か地域枠を選択するか問題について考察

医学部の一般枠と地域枠はどっちがいいのか問題 自分は入試のプロではないのでざっくりとした説明しかできませんが、医学部入試には大きく分けて一般枠と地域枠というものがあることをご存知でしょうか。 一般枠とは特に入学時に条件を特に求めておらず、卒…

大学病院の先生のプライベートの有無について

休日はなにをしてた?なんて聞かれても、特に答えることもないし、毎回映画見てたよ~って答えてる。というか実際に映画は今週末に2本ぐらい見た。 大学近辺に住んでるもんだから、割と近くに同級生もたくさんいる。となると、ちょっと外出しただけで姿を見…

同級生との会話で困ったときに使える話題

更衣室とか廊下でもトイレでも何でもいいけど、同級生とばったり会ってしまって何か話さなきゃ気まずいみたいな瞬間は誰にでもあるでしょう。 そんなときに毎回用いるのが「今、何科まわってる?」という話題。馬鹿の一つ覚えのように毎日使ってます。 自分…

手術見学をすると首が痛くなる

学生は実習中に術野に入れてもらい、至近距離で手術を見学することができます。ただ、首は常に真下に向けているし、何時間もその姿勢を保持するもんだから首がいたくなります。 全く自慢するつもりではないけど、自分の身長はどちらかといえば高い方なので、…

指導医の見た目や特徴を伝える時に困るから、筋トレしよう

実習中に○○先生に訪ねてきて~ なんていわれても、だれがどの先生なのか分からない事が多々ある。というのも学生は自己紹介するけれども、先生方は自己紹介しないので顔と名前が一致しないのである。 他の学生に「○○先生って、どんな人?」と聞いてみると「…

医学部CBTで最低限合格するのに必要な点数・勉強法・問題集(QB)について

そもそもCBTとはどういう試験なのか? CBTとは医学部四年生が受ける試験で、病院実習に出る前に合格しなければいけない、非常に重要な試験です。この試験は全国のすべての医学部で行われており、とても公正なものです。普段の試験は紙と鉛筆を用いますが、CB…

連休明けに何してた?と聞いていくる人々

連休明けになると、いっつも「何してた?」と聞いてくる友人がいるのだが、またこの子同じこと言ってるよ・・・と思いながらも「○○に行ってきたよ~」と適当にあしらってます。たまーに実習でお世話になっている先生からもこのような質問を頂くのですが、そ…

頭の良い人の説明が分かりづらい理由と家庭教師の選び方

頭の良い人の説明は難しくて、分かりづらいことが多い 僕が普段生きてる中で感じることに、「頭の良い人の説明は、概して分かりづらい」というのが挙げられます。 どこでそのように感じるかというと、優秀な教授の講義を受けている人や、成績が良い友達に勉…

試験中に、後から選び直した選択肢に限って間違っているという迷信は間違い

試験あるある・迷信についての考察 自分はテストが返された後に、 「あ、最初は正しい選択肢を選んでいたのに。終了間際になって違う答えを選んだから間違えちゃった。なんで後から選び直した問題に限って、いつも間違えちゃうんだろう。。」 みたいなことを…

成績も良くなければスポーツもできない凡人なので、医学部入学後にとても苦労した

凡人が医学部に入学して苦労した けっこう過激なことも書いてたりするので、嫌な気持ちになった人がいたらごめんなさい。すぐにブラウザバックをお願いします。 あと、当ブログではネガティブなことを普段は書かないようしているのですが、試験期間に入って…

医学部の面接はどうやって対策するべきか。練習方法とおすすめ参考書,本について

医学部の面接はどうやって対策すればいいか 医学部の二次試験には面接が課されます。まず初日や二日目に筆記試験を行い、最終日に面接を課している大学が多いです。今回は自分が受験生だったころの体験をもとに、医学部の面接について書いていこうと思います…