譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

医学部女子のモテ度と、ポイする男

医学部に長い間いると、やれあいつがあの子と付き合ってるだの別れただの情報をいろいろと聞きます。本人の口から一度も聞いたことはないし、彼らがその場にいないけど第三者からカップル誕生から破局までの道のりを飲み会で聞いたこともあります。

そんなわけで医学部は小さな村だから、とやかく恋愛事情が高速で伝達されるわけですが、ざっと眺めてみると医学部女子のモテ度は本当にすごいなぁと感じます。

考えてみると彼氏がいない、できたことない、男から告白されたこと無いみたいな女子はほぼいないんじゃないかと思います。これってなかなか凄いことで、いわゆる世間一般で公表されている独身率とは遥かにかけ離れています。

よく女医さんは気が強いとかバリキャリとか言われて、敬遠されていますけど、なんだかんだ彼女らの学生時代はすさまじいモテ度だったんだなぁと感じます。

ネットを眺めてもなかなか「医学部女子がモテる」みたいな言説は見かけませんが、僕の観測範囲ではめっちゃモテてます。たぶん○○率は自分の大学では1%ぐらいだと思います。

下世話な話をして大変申し訳なかったです。

話題は変わりますが、先日とある一組カップルが破局しました。就職のマッチングでは女子が地域枠で、もう片方の男子は地元に戻る意向だったようです。恐らくそれが別れる原因だったのではないかと自分は考えていました。

が、それは実は違いました。ここで書くのはマズいので伏せますが、男側が適当に難癖付けて、女側を悪者にし別れを切り出したようでした。

男の本心は一緒に大学県に残りたくないだけだったと思うんですが、相手を悪者にすれば自分は正当化され、理由はマスキングされる訳で、非常に上手いやり口だなあと感じました。見事なサイコパスだと思います。

医学部高学年にもなるとお互いの就職をどこでやるのかでモメるわけですが、一定数は彼女をポイする男が出てきます。結局のところ彼らは○○目、遊びたいだけの男で、女性側は単なる〇モテだったわけですが、見てるととても悲惨だなぁと思います。

彼ら彼女らは自分たちの過去を洗いながし、まるで前科をもった犯罪者が足をあらうかのように新たな人生のスタートを切るのだと思います。。そして新しい相手を見つけるのでしょう。

※〇〇はコンプラです