譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

Batter症候群とGitelman症候群の覚え方・語呂合わせ

Batter症候群とGitelman症候群

Batter症候群とGitelman症候群はどちらもNaclの再吸収障害。

年齢の違い

Gitelmanは大人にのみ発症。Gitelmanのmanは、大人の意味でイメージする
一方でBatterは、manが付かないから小児から発症。

障害される部位の違い

・Batter→Henle係蹄の上行脚の障害
ーター→ハ→Ha でイメージする。
・Gitelman→遠位尿細管の障害
語尾がan→an≒en→(en) よってanの語感から遠を連想すればいい。

どのような症状か

・Batterはフロセミド様症状。
バ→ハ行フロセミドで連想
・Gitelman→サイアザイド様症状
ジ→サ行→サイアザイドで連想
また、Gitelmanは低Mgになるが、これはMgのgで覚える。