譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

僧帽弁狭窄症(MS)で聴取する音の覚え方・語呂合わせ

僧帽弁狭窄症(MS)について

僧帽弁狭窄症は、僧帽弁が石灰化などにより狭窄する疾患である。

この疾患において聴取される音としては、

拡張期ランブル、Opening Snap、Graham-Steell雑音

が代表的である。

 

・拡張期ランブル

拡張期は僧帽弁が開く。しかし狭窄しているためドロドロした低音が聞こえる。したがって心尖部に拡張期ランブル(低調な音)を聴取する。自分はこれをスクランブルと覚えている。

ms 拡張期ランブル

→sランブル

スクランブル

といった具合である。

・Opening Snap

僧帽弁(房室弁)の異常なのでⅠ音は亢進し、Opening Snap(M弁の解放音が増強)を聴取する。これも

Opening Snap(M弁の解放音が増強)

MS

といった具合に想起できる。

・Graham-Steell雑音

僧帽弁狭窄症(MS)は左房負荷→肺高血圧症になる。そして相対的肺動脈閉鎖不全症(PR)が出現する。この時に聞かれる音がGraham-Steell雑音。

Graham-Steell

MS

MSの文字がGraham-Steell内に含まれているので、思い出すことが容易なはず。