譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

ノルアドレナリンは、α作用またはβ作用のどっちが強いかの覚え方・語呂合わせ

ノルアドレナリンは、α作用またはβ作用?

・ノルアドレナリンは血管収縮などα作用が強い。

・一方でアドレナリンは心収縮・気管支平滑筋弛緩などβ作用が強い。

これの覚え方を以下に紹介する。

まず、「ノルアドレナリンはノルファ!」で強引に覚える。

ノルアドレナリン→ノルファ→アルファ

といった感じで想起する。

アドレナリンは消去法でβ作用である、と思い出す形になる。

アドレナリンと気管支喘息の禁忌について

参考までに、β刺激が気管支平滑筋を弛緩させることについてだが、

「べーた→平滑筋がべたべた→筋肉が弛緩している状態」

というようにイメージするのがおすすめ。

気管支喘息の患者に投与していいのはβ刺激なのか、β遮断なのかは頻繁に問われる禁忌事項である。

これは迷いやすいが、「β刺激でべたべた弛緩する」と覚えておけば解決する。

↓過去記事

www.joji-study.com

www.joji-study.com