譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

AIによって仕事が奪われる問題と、コロナ禍におけるUber eatsの流行について

最近Uber eatsが流行しています。

コロナショックにより、営業停止に追い込まれた飲食店が多く、何としてでも営業利益を出すため、配達サービスを始めました。

自店で配達するところもありますが、中にはUber eatsに代理で配達してもらう店もあります。

Uber eatsの配達員自身も、本業の仕事を失ってしまった人が行うなど、コロナショックによって仕事に支障が出た人たちで上手く経済が循環する様子が見て取れます。

面白いと感じるのが、昨近叫ばれているAIや通信技術でなく、人力により行う仕事が今一度盛り上がっていることです。

以前、ドローンの遠隔配達や、Amazon goの無人店が話題になりました。これは現代テクノロジーの発達にもたらされた叡智だと思いますが、今こそこのサービスが導入されて欲しいのに上手くいきません。

このようなテクノロジーでなく、自転車をこぎ、歩いて荷物を運ぶ人が増えるのは時代に逆行する感じがし、非常に残念です。

AIにより仕事が奪われるのでは、と語るインテリ層もいます。コンビニは全部自動販売機になり、宅配業者は全てドローンになる。「今から対策しないと、やばいよ。」が彼らの主張でした。

コロナ禍は、彼らの主張が完全に見当違いだったことを示唆しています。

結論は、今の世の中は新しくテクノロジーを駆使したサービスを始めるよりも、安い賃金で労働力を買いたたいた方がお得です。

例をあげるなら、自動ドアを導入するより安い賃金でドアマンを雇った方がコストは抑えられるので、こちらを優先します。

繰り返しになりますが、ドローンで運ぶよりも安く宅配業者を雇ったり、無人のコンビニを作るより店員を安く雇うのが今の世の中です。

恐らくこれからの世の中は、一生これが続くと思います。

テクノロジー論者は経済的な価値観が欠けているのでは?と感じました。