譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

アルコール性肝障害の重要事項の覚え方・語呂合わせ

アルコール性肝障害について

f:id:the_white_room:20190602221321p:plain

長期にわたってアルコールを摂取すると肝臓に障害を来します。これをアルコール性肝障害と呼びます。

大事だと思うのが

・罹患しやすいのは男性なのか女性なのか

・上昇がみられる肝酵素はAST優位か?ALT優位か?

・上昇するのはIg〇か?

・生検した病理画像では何が浸潤しているか?

です。

アルコール性肝障害の重要事項の覚え方・語呂合わせ

・アルコール性肝障害は女性の方が罹患しやすい

→ちゃんとした根拠があるかもしれませんが、自分はおおざっぱに女性の方がアルコールが弱そうだな、という感じで覚えています。

・AST優位の肝酵素上昇をみる

→ALTではなくAST優位で上昇します。これは酒(SAKE)なので、SだからASTと覚えます。

・上昇するのはIgA

→IgMが上昇するIgMと紛らわしいですが、アルコール性肝障害ではIgAが上昇します。これはAlcoholのAなのでIgAと覚えます。

・生検した病理画像では好中球が浸潤

→アルコール性肝障害はアルコール中毒者に多そうだなというイメージで、中毒の中だから好球浸潤と覚えます。

 

以上です。参考になれば幸いです。