譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

悪性高熱症の原因となるのは脱分極or非脱分極型筋弛緩薬?覚え方・語呂合わせ

筋弛緩薬について

麻酔の目的は、鎮静・鎮痛・筋弛緩である。筋弛緩に用いるのが筋弛緩薬であり、脱分極と非脱分極型がある。

・脱分極型筋弛緩薬

スキサメトニウム(サクシニルコリン)1つのみである。作用時間は早く、拮抗薬はない。悪性高熱症の原因となる。

・非脱分極型筋弛緩薬

ロクロニウム、パンクロニウム、ベクロニウムがある。語尾にクロニウムが付くものが非脱分極型だと覚えればいい。

筋弛緩薬はスガマデクスやネオスチグミンである。

ロクロニウムの拮抗薬はスガマデクス

→「ロクロはデスクに置いてある」

陶芸のろくろは、机の上に置いてあるイメージ。これで拮抗薬を覚える。

 

www.joji-study.com

 

脱分極型とは異なり、こちらは悪性高熱症の原因ではない。

脱分極なので、悪性高熱症の原因では非(あら)ず」と覚えれば良い。

過去記事

 

www.joji-study.com

www.joji-study.com