譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

電子保存の三原則(真正性・保存性・見読性)の覚え方・語呂合わせ

電子保存の三原則(真正性・保存性・見読性)

医学部の実習では、学生も電子カルテを使用することがあると思う。その際に押さえて置きたいのが電子保存の三原則である。三原則は真正性・保存性・見読性がある。

 

・真正性 正当な人が記録し確認された情報に関し第三者から見て作成の責任の所
在が明確であること

・保存性 記録された情報が法令等で定められた期間に渡って真正性を保ち、見読
可能にできる状態で保存されること

・見読性 権限保有者からの要求に基づき必要に応じて肉眼で見読可能な状態にできること

*1

この三つを覚えるための語呂合わせは「真性包茎」

真正性→真性

保存性→包

見読性→茎

といった具合である。

*1:出典:医療情報システムを安全に管理するために  平成 21 年3月 厚生労働省