譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

病院実習での頑張り損にならないように

同じ班の子が、「実習は頑張り損にならないようにしている」ってこの間話していました。

僕はかれこれ実習をやっていましたが、意図的にサボったりはしたことありませんでした。しかし、この考え方はある意味正しいなと思いました。

というのも、先生方は結局2週間の間だけしか会わないので、いくら実習態度が悪くても今後の評価には響かないわけです。

逆にいくら頑張っても、今後、プラスに働くことはないので頑張り損という表現は的を得ているなと思いました

というわけで今日は先生に予定を特に尋ねずに、勝手に帰宅した次第なのですが、サボれるところは徹底的にサボるスタイルを今後も続けていこうと思います。

世の中には真面目過ぎたり、一生懸命すぎてうつ病になる人もいるんだから、ある程度肩の力をぬいて気楽に生きた方が幸せにいきれると思います。

頑張り損をしないような医者になりたいと思います、