譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

GCS(Glasgow Coma Scale)の項目の覚え方・語呂合わせ

GCS(Glasgow Coma Scale)について

GCS(Glasgow Coma Scale)とは意識障害を評価するスコアである。全部で15点満点、点数が低いほど意識の状態が悪い。

評価するポイントは

・開眼機能(E)

・言語機能(V)

・運動機能(M)

の三つに分かれている。

ローマ数字でVは5を表す。したがって言語機能の満点は5点。

これに±1を加えてやれば、Eが4点、Mが6点であると思い出せる。

各項目について

以下は、覚え方。あくまで参考までに。

・開眼機能(E)

4点 自然に開眼する 「しぜんに」→「4ぜんに」

3点 呼びかけにて開眼 「たくさん(3)呼びかけて開眼」

2点 痛み刺激にて開眼 「つ(2)ねって痛み刺激」

1点 なし

 

・言語機能

5点 見当識の保持(満点だから当たり前)

4点 会話の混乱     「何て言った?耳に4本指をくっつけて尋ねるイメージ」

3点 会話の不成立 「意味のないwordをならべる。wは指三本なので3点」

2点 意味のない発声 「意味のないvoiceをならべる。vは指二本なので2点」

1点 なし

 

・運動機能

6点 命令に従える

5点 痛み刺激への除去反応 「手(5本指)で振り払うので5点」

4点 痛み刺激への逃避反応 「体をのけぞらしたら4の形」

3点 除皮質硬直  「マント(皮)を被るかの様。腕が数字の3」

2点 除脳硬直 「ピーンと伸びる。数字の2の形」

1点 なし

運動機能は実際図を見ると覚えやすいです。他の語呂サイトをあたってみてください。