譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

グルコース・グリコーゲン・グルカゴンの違いが分かりづらい(覚え方・語呂合わせ)

自分は医学部高学年なのに、グルコース・グリコーゲン・グルカゴンの違いを未だに説明することができません。

というわけで今回は改めて整理してみました。

結論を述べると流れとして、肝臓に貯蔵されたグリコーゲンを、グルカゴンの刺激によって分解し、血中糖分であるグルコースに変換します。

以下が自分の覚え方になりますが、

「グリコーゲン(源)だから肝に蓄えられる

元気の源(みなもと)なので蓄えておく、という感じ。

「グルカゴンはホルモン」

グルカゴンは膵臓のα細胞から分泌されますが、そもそもホルモンなので分解に関わるだろうというイメージが持てる。したがって分解に寄与。

「グルコースはお馴染み」

覚え方でもなんでもないですが、グルコースは血中の糖分だと頭にはすんなり入ることができました。

とりあえずグリコー「ゲン→源」という点だけ押さえて置けば、

・源なので肝臓で貯蔵されるということ

・そしていずれ分解されること

は容易に覚えることができます。

 

↓過去記事

www.joji-study.com

www.joji-study.com