譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

GVHDってそもそも何だっけ?となった時の考え方

GVHDについて

GVHDってよく聞くけど、具体的にはさっぱり分からんってなる自分です。

漢字で書くと、移植片対宿主病。はっきり言って読めません。

正確には「いしょくへんたいしゅくしゅびょう」と読みます。

難しすぎるので、いつも自分はGVHDって呼称を用いています。

「移植したらトラブルが起きて、皮膚や臓器に障害が起きるんだよね。」とか、「血液内科で重要なんでしょ?」みたいに、漠然なイメージでした。

というわけで、覚え方を考えました。

それは「拒絶反応とGVHDは攻撃する側と攻撃される側が反対」という考え方です。

拒絶反応は文字通り、「受給者→臓器 への攻撃」ですが

GVHDは「臓器→受給者 への攻撃」だと自分は認識しています。

よってGVHDって何?と聞かれたら、

「拒絶反応の、対象が逆になったver」とイメージするようにしてます。

↓過去記事

www.joji-study.com

www.joji-study.com