譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

補正カルシウムを算出する時の条件と数値の思い出し方

補正カルシウムについて

国試の問題を解いてる最中、カルシウムの値を確認することがある。

このCa値はそのまま捉えていいのか、それとも補正が必要なのか考えることが重要になる。

補正が必要な条件は、「アルブミンが4よりも低い場合」である。

Ca+(4-アルブミン)=補正Ca

という式がなりたつ。

自分は「アルブミン、ひく!」

という語呂合わせで覚えている。

これはアルブミンがいときは、4からアルブミンを引いたものを足す!

という「ひく」という単語に強いイメージを植え付けるためのゴロである。

ちなみに、アルブミン(Alb)のという数字と形がにているので、4から引くことは直ぐに想起しやすい。

あと、アルブミンはマイナスの電荷を持っているが、これも引くという単語から思い出すことができる!

↓過去記事

www.joji-study.com

www.joji-study.com