譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

IgA血管炎とvon willebrand病で低下する凝固因子の覚え方・語呂合わせ

IgA血管炎について

IgA血管炎はIgAによる免疫複合体が全身に炎症をきたす疾患である。

この疾患の特徴で、第13凝固因子の低下がみられる。

この13という数字の覚え方は、

「伊丹十三→IgA(いが)み十三(じゅうぞう」)

で覚える。

伊丹十三は日本の映画監督であるが、伊丹がIgA・じゅうぞうが13に相当する。

von willebrand病について

von willebrand病は、von willebrand因子(vWF)に異常が起こる疾患。1次止血・2次止血ともに障害される。

vWFは第8凝固因子を安定させるため、この疾患の特徴で第8凝固因子の低下がみられる。

このvon willebrand病の8という数字の覚え方は、

「vWF→vとW→Ⅴとⅲ→あわせて8」

というように覚える。

まずvWFのVとWのみに注目する。Vはローマ数字で5である。

一方、Wはよーく見るとローマ数字のⅲににている。

したがって5+3=8

第8凝固因子の低下が想起できる。

過去記事

www.joji-study.com

www.joji-study.com