譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

腎炎の中で補体の低下するもの(PSAGNなどの特徴)の覚え方・語呂合わせ

腎炎の中で補体の低下するもの

腎臓の領域で補体の低下する代表的な疾患3つといえば、

・溶連菌感染後急性糸球体腎炎(PSAGN)

・膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)

・ループス腎炎

である。

この3つの覚え方は「Pがつく」と覚える。

PSAGN (溶連菌感染後急性糸球体腎炎)

MPGN (膜性増殖性糸球体腎炎)

looPs (ループス腎炎)

ループスだけ工夫し、looPs に変換する必要があるが基本的には「P」が付くと覚えればいい。

PSAGNの特徴について

PSAGNでは電鏡で、humpと呼ばれる高電子密度沈着物を認める。

これは「Pがつく!」と覚えれば良い

すなわちPSAGNのPは、humpのPである

 

↓過去記事

www.joji-study.com

www.joji-study.com