譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

河合塾の「物理のエッセンス・良問の風・名門の森」が難しいという人に向けてのアドバイス

物理のエッセンス・良問の風・名門の森は難しい

僕が高校生だったころ、理系科目で特に苦手だったのが物理でした。化学はただ単に暗記すればどんどん点数があがるのですが、物理は勉強しても全く点数が取れるようにはなりませんでした。

そんなある日、ネットで「物理 おすすめ参考書」のような単語で検索してみたところ、物理のエッセンス・良問の風・名門の森といった河合塾の参考書の評判がすこぶる良いことを知りました。どうやらこの三冊はシリーズになっており、すべてマスターすれば医学部合格間違いなし!とのことでした。

難易度は、エッセンス<風<森というステップアップ方式です。学校指定の問題集として配布する高校もあるようです。

さっそく近所の書店で全冊購入した僕でしたが、一番難易度の低いはずである物理のエッセンスですら全く理解することができませんでした。

その頃の僕は完全な初学者だったので、ある程度知識があることを前提して書かれたエッセンスは、自分の学力に全く見合わなかったのです。

当然ながら即挫折してしまい、良問の風や名門の森もほとんど開くことなく大学受験を終えてしまいました。

やっぱり漆原の物理がおすすめです。

物理のエッセンス・良問の風・名門の森は素晴らしい参考書だと思うし、これを解けるようになればかなり実力はつきます。しかしながら僕はこの参考書を読んでも、「なぜそのように考えるのか」「なぜそのような解法を選択するのか」については全く分かりませんでした。したがってこれらの参考書をあえて使わないという選択肢を、僕は受験生に提案します。

この三冊は解説が非常に簡素で、参考書自体の厚みも物理の参考書にしては非常に薄いです。とくに物理のエッセンスはエッセンスという名の通り、重要なポイントしか描かれておらず、試験前に要点を確認するには役に立つのですが、じっくりと勉強する人にとっては不向きだと思いました。

「物理は問題に対する考え方が重要」というのが僕の持論です。これはつまり自分の定石を持っておけば簡単な問題だろうが、難しい問題だろうが同じパターンで解けるという理論です。そのような考え方を教えてくれたのが漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(大学受験Doシリーズ)です。

この参考書は数少ない例題の解法をマスターするだけで、他の問題も自然と解く力を与えてくれます。いたずらに、やみくもに数多くの問題をこなしていってもなかなか伸びないと感じている人は、かなりおすすめです。

あと、漆原の物理では問題文の条件を分かりやすく図示する方法も紹介されていました。力の矢印の書き方を、各順番ごと丁寧に解説されているといった具合です。

河合塾シリーズ「物理のエッセンス・良問の風・名門の森」のような大学受験の名著で勉強すれば、きっと大丈夫だろうと安心する気持ちは分かるのですが、それが本当に自分に効果的なのかどうかを今一度考えてみましょう。

特に現役生はいろんな参考書を買って、たくさん問題を解く時間は残されていないと思います。自分と相性のいい参考書を一冊購入し、繰り返し勉強しましょう。