譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

【麻酔科】拮抗薬の語呂合わせ・覚え方の工夫

拮抗薬のゴロあわせ

f:id:the_white_room:20190424011941p:plain

薬剤とそれに対する拮抗薬の語呂合わせを考えてみました。

・ワルファリンとビタミンK

これに関しては有名すぎるので、ゴロは割愛。

・アセトアミノフェンとアセチルシステイン

似たもの同士が拮抗薬になると覚えてます。アセト-だからアセチル-が来る。

・ヘパリンとプロタミン

「へばる、ぷろたん」

Youtuberのぷろたんが、へばってるイメージです。

・ベンゾジアゼピンとフルマゼニル

「便器で、振る混ぜ煮る」

汚いものをシェイクするイメージ

・ロクロニウムとスガマデクス

「ロクロはデスクに置いてある」

陶芸のろくろは、机の上に置いてあるイメージ

番外編(オピオイドとナロキソン)

意識障害の対応の合言葉は『 DON'T』というものがあるそうです。

D:Dextrose(ブド ウ糖)

O:Oxygen(酸素)

N:Naloxon(ナロキソン: 麻薬拮抗薬)

T:Thiamin(ビタミB1)

ナロキソンはオピオイド系の拮抗薬で有名です。麻薬使用者の意識障害に奏効するってことです。このDONTを覚えておけば、オピオイドの拮抗薬は何となく行けるでしょう。