譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

ループス腎炎の予後因子(補体価・尿蛋白)の覚え方・語呂合わせ

ループス腎炎の予後因子について

ループス腎炎では全身性エリテマトーデス(SLE)にてみられる腎炎のことである。

光顕にてwire loop lesionが見られることも重要。

予後因子は2つあり、

・補体価

・尿蛋白

である。

この2つの覚え方は「糸がループするのはボタンにて」である。

球体腎炎 → 糸が

ループス腎炎 →ループするのは

体価 → ボ

尿白 → タンにて

といった具合である。

つまり糸が縫われてクルンとループしているのは、ボタンの位置のみであるというイメージ。

他にも重要なIgA腎症・補体が低下する疾患について

以前紹介した記事に以下のようなものがある。

今回はループス腎炎だったが、以前はIgA腎症の予後因子の覚え方も紹介しました。

www.joji-study.com

↑ IgA腎症の予後因子は「 イガクリたけぇ!」で覚える

www.joji-study.com

↑ 補体が低下する糸球体腎炎は「Pが付く」と覚える。