譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

医師国家試験予備校MECとmedu4を比較してみて気づいた良い点・悪い点

MECとmedu4を比較して気づいたこと

僕は現在MECとmedu4を併用して勉強しています。普通、予備校の授業は一社だけでいいのですが、紆余曲折を経てこのような選択肢になりました。

MECを申し込んだのは、大学単位で申し込む際に値段が割と安価であったことや、学年の大多数がMECを選んでいたことが理由です。講座の中身については特に知らなくて、単に孝志郎先生という方の評判がいいのだろうな、というぐらいにしか考えていませんでした。

実際にMECの授業を受けてみたところ、臓器別講座を担当していたのは渡先生という方で、普通に分かりやすい授業をしていたので好印象でした。ただ、MECのテキストは余白が多く、持ち運ぶ際にめちゃくちゃ巨大で重いです。また、一度問題の答えを書き込んでしまうと、再度復習する時に答えの部分が見えてしまうので、少し不便だなぁと感じました。

そんな中出会ったのがmedu4でした。きっかけはYoutubeで穂澄先生の存在を知ったことです。授業はもちろん素晴らしいのですが、medu4ではデジタルでの板書を推奨しているので荷物がかさばらず、かなり気に入りました。復習の際にも白紙のpdfがあるので、かなり便利でした。ただ、講座代に加えてipadなどの必要経費もあるので、お金は結構かかります。

MECとmedu4の良い点・悪い点

とりあえず現時点でMECとmedu4の良い点・悪い点をまとめてみようと思います。

MECについて

良い点:学年単位で申し込めば、割と安い。国試では「みんながやっていることと同じことをする」のが重要なので、多くの人が使っているという安心感がある。臨床に直結する知識が得られる。

悪い点:教材が届くまで少し時間がかかる。テキストには使わない余白も多く、分厚くて重いので持ち運ぶのがちょっと不便。問題部分に一度書き込んでしまうと再度復習する際に既に答えやヒントが書き込まれているため、勉強するのがちょっと難しい印象を受けた。講師との相性も吟味する必要がある。

medu4について

良い点:穴埋め式のpdfなので復習がしやすい。また、、書き込んだpdfと白紙のpdfをうまく使えば、まっさらな試験形式で演習することも可能。ipadに全部テキストが集約されているので、持ち運びがかなり楽。自分のペースで受講したい講座を選ぶことができ、クレカで決済した瞬間に受講をスタートできるため、教材を待つ必要がない。

悪い点:medu4の講座代に加えて、pdfの印刷代やipadの費用がかなりかかる。周囲に受講している人がそんなに多くないため、勉強仲間を作りにくい。書き込む際にappleペンシルがコツコツ音をたてるため、めちゃくちゃ静かな環境では勉強しにくい部分がある。学年ではなく個人で申し込むため、費用は少し割高になる。

 

以上、まとめてみましたが、ぶっちゃけ予備校はその人と、講師の相性だと思うのでどっちが優れているとかは言うつもりはないです。ただ、自分は最近medu4が気に入っているのでこれをメインにがんばっていこうかなーと思っています。