譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

MN,FSGS,MPGNにおいて、それぞれで糸球体に沈着する免疫グロブリンの覚え方・語呂合わせ

ネフローゼ疾患の、沈着する免疫グロブリンについて

膜性腎症(MN)はIgGが糸球体係蹄壁に沈着する。

巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)は高価病変にIgMが沈着する。

膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)はIgM,IgGの沈着がみられる。

簡単にまとめると、

・MN→IgG

・FSGS→IgM

・MPGN→IgM,IgG

である。

覚え方・語呂合わせ

MN→IgG

・FSGS→IgM

自分は「マジ?そマ?」で覚えている。「MG、SM」のアルファベットのイメージで覚えても良い。

この頃は現代語で、本当かどうか信じられないときに使う言葉でお馴染みである。

つまり「膜性腎症はG、巣状はM」であると覚えておけば、MPGNは自動的に両方が沈着すると思い出すことができる。

したがって、かなりこのゴロは便利。

ぜひ使ってみてください。

↓過去記事

www.joji-study.com

www.joji-study.com