譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

医師国家試験予備校の講師についての印象、雑感

医学部四年生〜五年生になると、医師国家試験の予備校、つまりビデオ講座を契約します。それぞれに個性があるので、人によって好みは分かれます。先生との相性はしっかりと考えた方がいいです。

大事なのは、友達が選ぶから自分も同じにするという受動的な態度ではなく、能動的にこの先生の授業を受けたい、というマインドです。自分で選ぶことが重要だと思います。

自分は今、mecとmedu4を使って勉強しています。メインはmedu4です。

初めてmedu4を知ったのは2015年ぐらいです。YouTubeをきっかけに知りました。hzm先生の喋り方や、見た目が特に気に入りました。

mecは大学単位で購入すると安かったので購入しました。周りと同じことをすれば良いと信じて購入しました。基本的にはksrのみ受講しています。

それでは以下、先生の雑感を書きます。

・medu4

講師はhzmのみ。hzmとの愛称が良ければ最高。他の予備校のように当たりはずれがないのはかなり大きい。

臨床経験は他と比べて劣るが、国試の分析はピカイチ。というかそもそも、臨床の話はえてして脱線しがちなので、htmはそういった無駄話をしないところがいい。

無駄がないことが特徴的。これは覚えなくていい、とはっきり言ってくれる。

口癖、変な喋り方をしてないのでストレス少ない。見た目もイケメン、若い。実年齢より10歳ぐらい若くみえる。

変な語呂合わせを紹介しないところもスッキリしてて気に入った。

・mec

受けたのは3人だけ。

wtr先生の授業は1コマだけ受けた。が、10分ほどで断念。自分は女性のことが嫌いではないのだが、女性の声は苦手だと判明。思えば女性YouTuberは全く見ないし、女性歌手の歌も普段聞かないことを思い出した。

友人からの話ではジョジョが好きな先生らしい。少ししか受けていないので、分からないけど喋り方はかなりクセがあるタイプだと感じる。長時間聴くのは申し訳ないが耐えられなかった。mecのブログはたまに読ませてもらっていて、いい先生なんだなと思うことはあるが、授業は合わなかった。

画像診断の先生は中年の女性の方だったんですが、唐突な下ネタ(これはマジで謎)やイマイチ何を伝えたいのかわからない授業スタイル、方向性の見えない展開の仕方に挫折しました。うちの大学のトップの人も挫折したと言ってたので、僕の感覚はそんなに間違ってないと思います。

最後はksrです。やっぱ有名なだけあって、授業がめちゃくちゃうまい。話が面白い。

通常速度だとネットリしてるので、2倍速で見ています。喋るのが本当に上手だと思います。サマライズは賛否両論ですが、自分は息抜き程度にみようと思います。

・tecom

いまいちよくわからない。

・qassist

これは世間一般の声と自分の評価が乖離しているのですが、自分はqaとは全く合いませんでした。

kysw先生はゴリゴリの関西弁ですし、mrng先生は語尾をめちゃくちゃ強調した話方をされるんですが、とにかく2人とも喋り方にクセがありすぎて授業にまったく集中できませんでした。中身は素晴らしいはずです。

 

以上です。個人差はありますが、あくまでも一意見として。先生のキャラクターの紹介であり、誹謗中傷を目的では決してないので、そこはよろしくお願いします。