譲治の勉強日記

医学部・大学受験について書いています。勉強のメモ・語呂合わせ・参考書紹介・趣味について。

造血器官の変遷(胎児期~出生後)の語呂合わせ

人間の造血の場所について

f:id:the_white_room:20170926225756p:plain

リンパ球と抗体の基本構造|解剖生理をおもしろく学ぶ|看護roo![カンゴルー]より引用

人間の造血の場所は年齢を重ねるごとに変遷する。大きく3つの期間に分類することができ、胎生初期・胎生3~4か月・出生後である。まとめると以下の様になる。

胎生初期 卵黄嚢が中心

胎生3~4か月 肝臓,脾臓が中心

出生後 骨髄が中心

 

造血器官の変遷の語呂合わせ

造血器官の覚え方は次のようになる。(下ネタ注意)

胎生初期/卵黄嚢

→シャ乱Q、   

胎生3,4カ月/肝臓・脾臓

→3,4カ月でカピカピ

生後/骨髄

→精子になる

まとめた語呂合わせは、

シャ乱Q、3,4か月でカピカピ精子になる

シャ乱Qがカピカピの精子になるイメージ。(もはや滅茶苦茶)

追記:もっと良い覚え方があります。

まず、造血時期の順番は卵黄嚢・肝臓・骨髄で行われると丸暗記しましょう。

次に覚えるのはこれらが切り替わるタイミングです。

「ニーナさん」で覚えます。

卵黄嚢から肝臓に切り替わるのが「2か月目」

肝臓から骨髄に切り替わるのが「7か月目」です。

とりあえずは、これだけでも押さえておくのをおススメします。

↓過去記事

www.joji-study.com

www.joji-study.com